ジャックオランタンとハロウィン用かぼちゃ

秋が深まるにつれて、街中のショーウィンドウやディスプレイは
オレンジ色や黄色に彩られる割合が増えていきます。

日本では紅葉や柿などの秋の実りを表すことが多いですが
近年そこに違った意味合いが加わるようになりました。

アメリカから伝来したお祭り「ハロウィン」です。

10月31日のハロウィンに向けて、その由来と
祭りの主役ともいえるハロウィン用かぼちゃ
それで作るオブジェ「ジャックオランタン」についてご紹介しましょう。

Sponsored Links

ハロウィンのはじまり

ハロウィンと聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?

仮装して町を練り歩き、お菓子をねだる子どもたち。
こうもりやお化け、怖い顔のカボチャのオブジェ

日本でのハロウィンといえば、このような印象が主でしょう。
ですが、そこにどういった意味があるのかを知る人は
だまだ少ないと思われます。

ハロウィンはもともと、イギリス周辺のヨーロッパに住んでいた民族
「ケルト人」の宗教行事といわれています。

ケルトでは、冬の始まりである11月1日を新年の始まりとし
その日は異界との扉が開かれ先祖の霊や悪霊などが町にやってくる
といわれていました。

その前夜、つまり10月31日の夜から秋の収穫を祝い
悪霊を追い出すために行われていた祭りが、今のハロウィンなのです。

そして、現在ハロウィンで最も象徴的なオブジェであるカボチャは
収穫祭の豊穣を表すものだったのです。

しかし、ハロウィンにカボチャが採用されたのは実はアメリカに伝来されてから。
それ以前は、カボチャの位置にいたのはカブでした。

これには、ケルト人が住んでいたスコットランド及びアイルランドに伝わる
鬼火の伝説「ジャックオランタン」が関わってきます。

次は、ハロウィンの主役「ジャックオランタン」についてご紹介しましょう。


jackolantern



ハロウィンのかぼちゃ・ジャックオランタンの伝説

「ジャックオランタン」の意味は「ランタン持ちの男」
もしくは「ジャックの提灯」です。

発祥の地であるスコットランド及びアイルランドには
次のような伝説が残っています

「昔、ずる賢いことで有名なジャックという名の鍛冶屋がいました。
ある日、悪魔と出会ったジャックは言葉巧みに悪魔を騙し
死後地獄に落ちないよう契約を果たしました。

ところが、いざ死んだとき、生前の悪い行いが災いして
ジャックは天国から入国を拒否され
契約のせいで地獄にも入れず行き場をなくしてしまいます。

哀れに思った悪魔から地獄の石炭をもらったジャックは
しなびたカブをくりぬいてランタンを作り
その中に石炭と地獄の火を灯して地上をさまようことになりました。」

この伝説にあるように、本来ジャックオランタンは
カブをくりぬいて作るもの
でした。

今でもスコットランドではカブで作られていますが
ハロウィンと共に伝わったアメリカではカブよりもカボチャのほうが
生産が多かったためカボチャに代わりました。

現在では、ジャックオランタンは
善霊を引き寄せ悪霊を遠ざける力があるともされています。

ジャックオランタンの作り方の動画です。
How to make a Jack-o’-Lantern





ジャック・オ・ランタンの作り方の動画です。
これ面白いです!





ハロウィン用の黄色のカボチャと緑のカボチャ

ジャックオランタンに使われるカボチャは、通常日本で見るカボチャとは違い
黄色く加工しやすい柔らかさのものが主です。

これは秋になると大きめの花屋さんなどでも
「ハロウィン用カボチャ」として売り出されることがありますが
最近では楽天やAmazonのようなネットショッピングで購入できます

価格は大きさにもよりますが、1500円~2000円程です。

また、雰囲気は変わりますが
日本で馴染みのある食用の緑のカボチャでも代用は可能です。
普通のカボチャで作る利点は
くりぬいた中身を夕食の食材に使える点でしょう。

ただし、ハロウィンの加工用のかぼちゃより肉厚なので
目や口を切り抜くのは少し大変かもしれません。

小さなお子様と一緒に作る場合は、加工用のカボチャのほうが
怪我をする可能性も減るのでオススメです。


pumpkin


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ