母の日ギフト 人気のおしゃれなプリザーブドフラワーは?

母の日が近づくにつれ、花屋やデパートなどでは
母の日コーナー』が展開されます。

お母さんへの感謝の気持ちとして
花を贈る方は多いと思います。

最近では定番のカーネーションにこだわらず
いろいろな花が母の日用として人気です。

中でも最近の定番になりつつあるのが
特殊な製法で作られた『プリザーブドフラワー』のギフトです。

プリザーブドフラワーと生花とはどう違うのでしょうか?
その製法や、併せて母の日ギフトの選び方
などについてまとめてみました。


Sponsored Links

生花のデメリットは長持ちせず、手入れや道具が必要なこと

日ごろの感謝を伝える『母の日』は
日本では5月の第2日曜日となっています。

母の日の定番としては『カーネーション』が定番ですが
最近では『カーネーションよりもほかの花の方が良い
といった声が多く寄せられています。

花を贈るのにあまり慣れていない方のために
まずは花の種類について主なものをご紹介したいと思います。

生花を使ったものとして
次のようなものがあります。

・花束・ブーケ
花を何本か束ね、包装紙やリボンなどで装飾したものです。

1つの種類のみで作る場合もありますし、
いろいろな種類の花や色を組み合わせたものもあります。

ブーケはきれいに形を整えた花束を指すことが多いです。

もらったら花瓶にさしたり水を替えたりしなくてはならないので
手間がかかるのが嫌いな方に贈るのはオススメできません

・鉢花
観葉植物は『葉』を鑑賞することを主体としていますが
こちらは『花』を主体とした鉢物のことです。

花束などの切花と比べて、長く楽しめることが特徴ですが
お手入れをしっかりしないと枯れたり腐ったりしてしまいます。

自宅に不在がちな人に贈るのはオススメしません

・フラワーアレンジメント
生け花の中でも特に
洋風の装飾が施されたものを指すことが多いです。

バスケットなどに花が入っているので
花瓶を使わずにそのまま飾ることができて人気です


hahahana


手間をかけずに長く楽しめる、プリザーブドフラワーが人気

最近では、『手間をかけずに長く楽しみたい』との声から
ギフトに『プリザーブドフラワー』を贈る方も増えています。

これはどんな花なのでしょうか?

プリザーブドフラワーとは
花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いた花のことです。

生花を原料としていながら
造花のように長持ちするのが特徴です。

発音しにくいことから
一時期は『ブリザードフラワー』などという言い方で
呼ばれることもありました。

プリザーブドフラワーは1991年に
フランスのヴェルモント社が特許保存技術を発表して
フローラルデザイナーたちが利用したことによって広まりました。

プリザーブドフラワーの起源はさらに古く
昭和期には既に行われていたとされています。

プリザーブドフラワーは
以下の工程で作られます。


  ▽(1) 新鮮な生花を脱水作用がある液に漬ける。
  ▽(2) 花を取り出す。
  ▽(3) 潤滑液入り着色液に漬ける。
  ▽(4) 花を取り出す。
  ▽(5) 乾燥させる。

   液は一度使うと品質が落ちるため、再度利用することはできません。


長所
■・水を与えなくて良い。
■・花が長持ちする。
■・軽い。
■・造花にはない瑞々しい質感とやわらかさを持つ。

短所
■・加工していることで販売価格は高い。
■・湿気に弱い。
■・生花より破損しやすい。

保存に気をつければ長期間楽しむことができますので
ギフトには最適です。


カーネーションにこだわらず、母親の好みや予算に応じて選ぶ

母の日ギフト好適品として
プリザーブドフラワーが定着しつつあります。

プリザーブドフラワーは小さなものでも3000円程度しますので
予算に応じて選んでみてください。


Flower Bouquet
By Ken FUNAKOSHI from Yokohama, Japan (Bouquet)
[CC-BY-SA-2.0], via Wikimedia Commons

それでは母の日のプリザーブドフラワーの選び方について
まとめたいと思います。

母の日に贈る花と言えばカーネーションが一般的ではありますが
最近ではこれにこだわらずに贈る方が増えてきています。

赤やピンク、オレンジなどの暖色系の花をまとめたものが人気ですが
母親の好みや家のインテリアとのバランスを考慮して選ぶと良いと思います。

プリザーブドフラワーは長く飾っておけるので
兄弟などが多い場合は相談して『全員からの贈り物』とするか
プレゼントの内容が重複しないように調整したほうが無難だと言えます。

プリザーブドフラワーの容器には多数のバリエーションがあり
陶器やガラスに入ったものや、バスケットに入ったものなどがあるので
予算や好みに応じて選びましょう。

私もクリスマスにプリザーブドフラワーをいただきましたが
そのまま飾ると破損が怖いので透明のケースに入れて飾っています。

母の日ギフトとしてプリザーブドフラワーを贈ってみませんか?

手間がかかるのが嫌いなお母さんにも
きっと喜んでいただけると思います。


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ