お盆はいつ?新盆と旧盆

今年のお盆休みは、少し長めに取れそうだという方も多いようですね。
ところでお盆というのは、7月にもあることご存知でしたか?

私は全く知らず、東京出身の友人が「7月に祭りがあり、お盆もしてくる・・」
という発言をしたことから話が広がり
お盆についていろいろ調べるきっかけとなりました。

Sponsored Links

お盆の種類 新盆

お盆とは、ご先祖様を迎えて供養や挨拶をする数日間を指しますが
いろいろな種類と言うか呼び名があります。
なぜ種類があるのかというと、明治の初めに採用された太陽暦のためです。

それまでの太陰暦では、お盆とは「7月15日前後の日」でした。
(現在の大体8月15日前後のこと。「初秋」の時期になります。)

日本全土で新暦にかわっても
お盆の時期をずらすことはなかなか難しいものでした。

なぜでしょう。

現在の7月を思い起こしましょう。
梅雨が明けておらず、農作業が忙しい時期でもあり
お盆どころではありません。

また旧暦では「初秋」にあたるので
お盆とは秋の行事であるという認識が当時はありました。

季節に生活をよりそわせる日本人の気質に
おいそれと行事の日を変更することは合わなかったのです。

結果、新暦が採用された時点で、7月にお盆をするところと
旧来のまま8月にするところとわかれました。

ここで7月にお盆をすることを「新盆(しんぼん)」
と言うようになったのです。
東京、熊本、静岡などは新盆がお盆のようです。

しかし、新盆には違う意味があります。
本来の意味での7月15日のお盆は、ただの盆というようです。

obon


8月のお盆はなんと呼ぶ?

それでは現在一般的になっているお盆8月のお盆は
なんと呼ぶのでしょうか。

これは「月遅れの盆」と言います。

お盆は7月15日前後だった
→新暦採用

新暦の7月は繁忙期
→ひとつき遅らせる

ということです。

新暦で、8月15日前後ともなると立秋も過ぎ、ひと段落した季節です。
数字ではなく、季節そのものに合わせたものが「月遅れの盆」で
現在の一般的なお盆となります。

九州、山陰、山陽、関西、中部、東京以外の関東、東北、北海道など
ほとんどの地域が月遅れの盆をお盆としています。





旧盆という言葉を聞くけれど

ここで疑問が生じます。
新盆に対し、旧盆という言葉を聞いたことがあるからです。

旧盆とはどういうものでしょうか。
これは、文字通り「太陰暦におけるお盆」のことです。

太陰暦は、月の満ち欠けにより暦が決まります。
ひと月は30日で、これを新暦に対応させるには毎年日付が変わってきます

例えば「今年の旧暦のお盆(仮に7月15日にします)はいつだろう」
とした場合、対応表をみると2014年8月10日に該当します。
これが旧盆です。

「旧盆でお盆を行う」と定めるとなると、毎年日付の確認が必要になってきます。
ちなみに去年は8月21日、来年は8月28日が旧盆になっています。

現在、旧盆をお盆としている地域は沖縄です。
正月には帰らなくてもいいから、お盆には必ず帰る!
と言われるくらい、盛大なものです。

この時期の沖縄は、買いだし客であふれ、いつもと違う活気がありますが
お盆の最中は休みのところも多いので
旅行で沖縄に行く際は、旧暦でのチェックをしておいた方がいいですね。


obon1


新盆もう一つの意味

新盆は、亡くなってから1年たっていない人が初めて迎えるお盆のこと
特別な飾りやお供え物をします。

一般的には初盆と呼ばれますが、新盆(にいぼん)と言われることもあります。

これは、つい最近まで家族であった人に対しては
「ご先祖様」以上の思慕の気持ちが表れるための風習と言われています。

特に親しかった人や、お世話になった人は
提灯やかごを贈るようになりました。

一口にお盆と言っても、地方によってさまざまですね。

共通しているのは、ご先祖様の供養です。
普段は忙しくてなかなかできないご先祖様のことを考え
おもてなしするいい機会にしてくださいね。




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ