盂蘭盆会とは?お盆の由来

「盆と正月」という言葉があるように
夏に行われるお盆の行事は私たちの生活に根付いています。

日本では「盂蘭盆会」と呼ばれる仏教の行事と
古くから続いている「先祖崇拝」が混じった形で行われています。

地域や宗派などによっても異なりますが
お盆の行事や由来などについてご紹介します。

最近ではお盆に里帰りすることが出来ない方もいると思いますが
先祖への感謝の念は忘れないようにしたいものですね。

Sponsored Links

最近では、8月13日~16日に行われることが多い

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」であり
先祖の精霊を迎えて供養を行います。

7月または8月の13日~16日までの4日間を指しますが
現代では8月に行う家庭が多いです。

13日には仏壇を清め、先祖の霊を迎えるための
「精霊棚(盆棚)」を作ります。

近年では本格的な棚ではなく
仏壇の前に簡単な小机を置くケースが多いです。

そして、その棚には「すのこ」か「真こも」を敷いて位牌を移し
仏壇の扉を閉めます。

棚に季節の野菜や果物、水などを供え
なすやきゅうりで作った牛馬や「ほおずき」を並べます。

urabone

できれば13日に墓参りを済ませておくのが良いでしょう。

夕方に迎え火を焚いて先祖の霊を迎え
期間中には僧侶を招いてお経や飲食の供養をします。

16日の夕方には送り火を焚いて先祖の霊を見送り
お供え物を処分します。

地域や宗派などによって異なりますが
だいたいはこういった流れでお盆の行事が進みます。


盂蘭盆会の由来は、釈迦の弟子にまつわる話から

さて、お盆にはどのような由来があるのでしょうか?

盂蘭盆会という言葉は、インドのサンスクリット語
「ウラバンナ(逆さ吊り)」を漢字にしたものです。

「逆さ吊りのような苦しみにあっている人を救う法要」
を意味します。

この行事は釈迦の弟子の1人であった
目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に由来しています。

目連尊者はあるとき、亡き母があの世で
逆さ吊りにされて苦しんでいるのを知りました。

そこで、釈迦に相談したところ

夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き
 多くの供物をささげて供養すれば母を救うことが出来るだろう。


と言われます。

話を聞いた目連尊者がその通りにしたら
母親は極楽往生が遂げられたとのことです。

それ以来、旧暦の7月15日は父母や先祖に対して感謝をし
供養をする重要な日となったのです。

urabone2


江戸時代になると、一般庶民にお盆が浸透

日本においては仏教の盂蘭盆会と先祖崇拝の心が合体したものとして
お盆の行事が行われています。

日本の朝廷で初めて行われたのは
606年の推古天皇の時代であるとされています。

江戸時代以前のお盆行事は、武家や貴族、僧侶などの
上層階級で主に催されていました。

江戸時代に入ると一般庶民にも広がっていき
仏壇やお盆行事が普及しました。

また、ローソクが大量生産によって安価になってからは
提灯がお盆によく用いられるようになりました。

現代においては、先祖の霊が帰ってくる日ということで
親戚一同が集まって供養を行います。

各地に散っている親戚も帰郷します。

新しい家族のお披露目や近況報告
思い出話などをして過ごします。


最近ではお盆に休みを取ることが出来ない方も増えてきました。

仕事などで実家に帰ることが出来ない場合は
部屋の中にお盆のお供え物をするコーナーを作り
遠くの先祖に向かって手を合わせると良いでしょう。




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ