花祭りとは?甘茶と仏教行事

あなたは『花祭り』をご存知ですか?
毎年4月8日に行われる
釈迦の誕生日を祝う仏教行事をこう呼んでいます。

ここでは花祭りにおいて行われる
『潅仏会法要』の流れをお伝えしながら
その法要に不可欠な『甘茶』という飲料について
詳しく見ていきます。

寺の行事だと堅苦しいイメージを持たれる方も多いと思いますが
花祭りは他の行事と比べてカジュアルな感じであることが多いです。

最近の花祭りで行われるイベントなどについても
ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

はるか昔から行われている釈迦の誕生日をお祝いする行事

『花祭り』とは釈迦の誕生を祝う仏教行事であり
日本では原則として毎年4月8日に行われています。

この他にも『潅仏会(かんぶつえ)』や『降誕会(ごうたんえ)』
『仏生会(ぶっしょうえ)』などの呼び名
があります。

日本では推古天皇の時代から行われたと言われていて
平安時代になると宮中でも行われました。

この日に行われる法要は『潅仏会法要』と呼ばれ
さまざまな草花で飾った『花御堂(はなみどう)』を作り
その中に潅仏桶を置き、甘茶を満たします


誕生仏の像をその中央に安置し
ひしゃくを用いて像に甘茶をかけて祝います。

hanamatsuri

これは釈迦の誕生時

竜王が天から清浄の水を注いだ

との伝説に由来しています。


そして、この甘茶は参拝者に振舞われ
甘茶で習字をすれば上達すると言われたり
害虫よけのまじないを作ったりします。

また、『花祭り』との名称は
浄土真宗の僧である安藤嶺丸が提唱しました。

明治時代に新暦が導入された際、4月8日は
関東地方以西で桜が満開になる
ことにちなんでいます。


それ以来、宗派を問わず
この名称が使われるようになっていきました。

寺が経営している幼稚園や保育園においては
この日に甘茶をいただき、稚児行列を出すことも多いです。
 

『甘茶=砂糖を入れたお茶』ではない!

続いては、花祭りに欠かせない甘茶について
掘り下げていきたいと思います。

ユキノシタ科の落葉低木である
ガクアジサイの変種として知られるアマチャを原料としています。

その若葉を蒸して揉み
乾燥させ煎じて作った飲料
です。

amacya
写真素材足成アマチャ

また、ウリ科のつる性多年草であるアマチャヅルの葉
などを使った茶もこう呼ぶことがあります。

本来の甘茶は前者を指します。
また、茶に砂糖を入れたものを甘茶と呼ぶこともありますが、
これはまったくの別物です。

甘茶はその名の通り、
甘み成分を多く含んでいます。

フィロズルチンとイソフィロズルチンという成分があり、
その甘さはショ糖の何百倍にもなるとされています。

この甘さは葉を乾燥させることによって出るとされています。
また、甘さだけでなくちょっと苦味があるのも特徴です。

苦味成分としてタンニンを含みますが
、コーヒーなどに含まれるカフェインは入っていません。

漢方薬局などにおいて購入することができ
抗アレルギー作用や歯周病に効果があるとされています。

色は黄褐色で、麦茶のような見た目と独特のとろみが特徴です。

甘茶は花祭り以外の祭りでも用いられることがあり、
長野県佐久地方では天神祭や道祖神祭などで
神酒の代用として使う風習があります。

また、佐久市岩村田祇園祭においては
江戸時代から甘茶を振舞う儀式が伝承されています。


法要の他にも楽しいイベントが盛りだくさん!

花祭りでは法要はもちろん、
さまざまなイベントが催されます。

その代表的なイベントが稚児行列です。

そして、その先頭を歩くのが白い象です。
これは、
釈迦の母マーヤ夫人の夢の中に6本の牙を持つ白い象が現れ
釈迦の誕生を予言したという逸話に基づいて行われています。

稚児行列は花祭りだけのものではなく、
寺のほかの行事でも行われることがあります。

神社のお祭りでも見かけることがあります。

意味としては『無病息災を願う』、
子供の成長に感謝する』、
小さな子供は大人よりも心が清らかで
祭礼奉仕をするのに適している

など諸説あります。

花祭りにおいて稚児行列を行う寺は、
護国寺(東京都文京区)や龍光寺(群馬県富岡市)などが有名です。

花祭りは寺の行事であるため、
馴染みがない人にとっては
参加のハードルが高く感じられるかもしれません。

しかし、花祭りは他の行事と比べると
全体にラフな感じであることが多く、
コンサートやライブ、ミュージカルを本堂で行ったり
お茶会や子供向けのイベントが開催されたりすることもあります。

全国各地の寺で花祭りを開催していますので、
今年の春はぜひ足を運んでみてください!


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ