「送別会」の進行と主役に喜んでもらうプレゼント選びは?

3月に入ると
定年結婚
卒業などの理由により
各地で送別会が行われます。

送別会は、組織を去る人に
本当に喜んでもらうのが目的ですので、
幹事は会場選びやプレゼント選びに
悩んでしまうと思います。

ここでは社会人の送別会を対象に、
日程会場選びのポイントについて
お伝えしたいと思います。

送別会当日の流れや、
一番の重要とも言える
プレゼントの選び方』についても
ご紹介していきたいと思います。

soubetsukaipresent

送別会の計画は、主役の希望を最優先させる

送別会とは、学校や会社などの組織を離れる人を
送る
ために開催される集まりのことです。

送別会の幹事になった場合は、
組織を去る人に本当に喜んでもらえるよう
全力を尽くしましょう。

これまでの感謝の気持ちを伝えたり、
心に残るプレゼントを贈ったりして
主役の心を動かす演出をするのが良いと思います。

また、送別会は幅広い年代で行われますが、
ここでは、『社会人の送別会』に
スポットライトを当てていきたいと思います。

まずは、送別会の人数日時
予算を決めます。

普通の飲み会とは異なるポイントがいくつかありますので、
そういったことに注意して決めていきましょう。

まず、日程は『主役の都合』を最優先にします。

候補日を3日くらいに絞り、一番偉い方や
必ず参加してほしい人の日程と調整しましょう。

そして、予算で忘れてはいけないのが
『プレゼント代』の経費です。
通常の飲食代に加え、
プレゼントやサプライズに掛かるお金も
しっかりと計算し、予算を決めていきましょう。

そして、送別会の成功を左右するのが『会場選び』です。
まずは、主役の味の好みに合わせて店を選ぶようにします。

個室や座敷、飲み放題や貸切など、人数や会の内容に合わせて
最適な店を選ぶ
ようにします。
また、会社や駅の近くなど、
皆が集まりやすい立地の店を選ぶことも重要です。


soubetsukai
写真素材足成

初めての幹事でも安心!送別会の大まかな流れ

さて、送別会当日は
以下のように会を進めるパターンが多いです。

(1)開会の言葉
『○○さんの送別会を始めます』と
司会者が挨拶を行います。

(2)挨拶
出席者の中でもっともポストが上の方に、
ちょっとした挨拶をお願いしておきます。

(3)乾杯
主役の直属の上司や、
(2)で挨拶を行った方が乾杯の音頭をとります。

(4)食事・歓談
軽く挨拶をした後に、
食事や歓談の時間にします。

(5)贈る言葉
主役に対して、
一番関わりのあった方などが挨拶をします。

(6)プレゼント贈呈
プレゼントや花束を主役に渡します。

(7)主役の挨拶
送別会の主役に挨拶してもらいます。

(8)閉会の挨拶・手締め
出席者のうちで
2番目くらいのポストの方に挨拶をお願いします。
そして、三本締めや一本締めで閉会します。

(9)二次会
二次会を企画している場合は、
参加希望者に案内をします。
していない場合は司会者が軽い挨拶を行い、
お開きにします。

大体は、こういった流れで送別会が進みます。
この中でも特に重要なのが
プレゼント選びではないでしょうか。

送別会のプレゼントについて、
次にまとめていきたいと思います。


プレゼントは『思い出+実用』の2つを用意しておくのがポイント

送別会でもっとも重要とも言えるのが、
プレゼントです。

基本的には、
お花やメッセージ系+その人に合わせた実用品
という組み合わせがおすすめです。

それぞれについて、
概要をまとめたいと思います。

【お花&メッセージ系】
●フラワーギフト
華やかなフラワーギフトは、贈り物の定番。
花束はもちろん、特殊な加工を施して
いつまでもキレイが続くプリザーブドフラワー、
花瓶が不要なアレンジメントなど、
選択肢も多数あります。

ただし、男性は花束をもらっても困る
という声もよく聞きますし、
あまりに大きなものは
帰りの電車の中でかさばってしまいます。

present


●手紙や寄せ書き
関連する部署の人たちから、
手紙や寄せ書きを贈るのも一般的です。

最近では、まるで卒業式のように
オリジナルの賞状を作って手渡す場合もあります。

●アルバム
入社から退社までに関わってきた人や
プロジェクトの写真をまとめてアルバムにします。

また、DVDなどでビデオメッセージを作るのも良いでしょう。

【実用品】
●名入れアイテム
毎日使ってもらえるマグカップやグラスなどに、
主役の名前やイニシャルを入れて贈ります。

お酒が好きな方には、名入れラベルをオーダーして
お酒を贈るのも良いでしょう。

●新生活キッチングッズ
結婚退職の場合は、おしゃれで実用的な
キッチングッズがおすすめです。

なべやケトル、コーヒーサーバーなどが好まれています。

●上質な万年筆・ボールペン
転勤や独立などの場合は、
質の高い筆記具が好まれます。

長く使ってもらえるように、
上質でおしゃれなものを選びましょう。


転勤や定年、結婚や出産など、
送別会の主役が組織を離れる理由は人それぞれです。

そのため、今までの感謝の気持ちとともに、
新生活で使ってもらえるもの』を贈るのが、
プレゼント選びのコツだと言えるでしょう。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ