鏡開きの由来 鏡開きは1月11日?それとも20日?

お正月に飾った鏡餅を1月11日になったら
雑煮やお汁粉やかき餅などにして食べる鏡開き。

毎年同じように行っている慣習ですが
その意味や由来についてあなたはどこまでご存知ですか。

何気ない慣例行事も、
そこに託された先人たちの願いや古くからの習慣を理解すると
もっと大切に行事を迎えられ、日々の暮らしに感謝していけるはずです。

Sponsored Links


鏡開きとは

そもそも鏡餅とは、餅を神仏に供えるお正月飾りであり
家族円満、子孫繁栄、無病息災といった願いが込められています。

鏡開きの日には、この飾っておいて硬くなったお餅を
かなづちなどで叩いて小さくするのですが
鏡餅には神仏が宿ると考えられていましたから
「割る」「砕く」という表現をさけるようになりました。

また、「切る」というと昔は切腹を連想させ、縁起が悪いとされていたため
末広がりを意味する「開く」という言葉を使うようになったのです。

もともと、硬くなった鏡餅を食べることで
歯を丈夫にし、長寿を祈願する習慣が武家社会にあり
武士は具足に供えた具足餅を
女性は鏡台に供えた鏡餅を雑煮などにして食べた習慣が
鏡開きの起源のようです。


kagamibiraki1



鏡開きはいつ?

年神様がいらっしゃる間を松の内(1月7日まで)といい
この松の内が明けた1月11日に、年神様が宿った鏡餅をいただくことで
その力を授けてもらい、一族の無病息災を祈願していました。

実は昔の鏡開きは1月20日でした。
しかし徳川家光が4月20日に亡くなったため
20日は忌日として避けられ、1月11日となったのです。

一方、この習慣が正確に広まらなかった関西地方では
1月15日の小正月までが松の内として
現代においても鏡開きを1月20日に(15日に行う地域もあるそう)
行っているようです。


樽酒も鏡開き?

結婚式や祝宴の席などで樽酒の蓋を割って
新たな門出を祝うことも鏡開きといいますね。

これは昔、酒屋では樽酒の蓋のことを鏡と呼んでいたからなのです。

昔の鏡は青銅製の丸型で、三種の神器の一つでした。
清酒は米を原料としており、稲作を中心としてきた日本人にとって
清酒は神聖なものとして、神事の際に供えられてきました。

鏡餅も樽酒の蓋も丸くて平らな形をしており
縁起物として「鏡」と呼ぶようになったのでしょう。

このことから樽酒の蓋も「割る」ではなく
「開く」が広く使われるようになったのです。


kagamibiraki3



近年の鏡開き

昔は鏡餅に使う丸餅は、年末にもち米をついて形成して飾ってきましたが
今はそうもいきません。

そのため現在はあらかじめ小包装されている丸餅を飾ったり
鏡餅がパック詰めされている商品があったりで、随分手軽になってきました。

その上、以前の手作りの鏡餅と比べ
かなづちで叩かなければならないほど硬くなりません。

もちろん包丁は使わずに取り分けましょうね。

もし鏡餅が乾燥していて、かなづちで叩いてもなかなか割れない場合は
半日ほど水につけておくことをお勧めします。

その後、電子レンジで少し温めると、手でちぎれるようになります。


kagamibiraki



鏡餅の活用術

お雑煮やお汁粉は、定番のメニューですよね。
お正月はお餅が大量に余りがちなので
お餅を使ったメニューをいくつかご紹介しましょう。

★揚げ出し餅のきのこおろしがけ
  参照:http://www.recipe-blog.jp/viewer/item/11797196

★牡蠣とお餅のとろ〜り味噌グラタン
  参照:http://www.recipe-blog.jp/viewer/item/2327222

★ネギ餅
  参照:http://cookpad.com/recipe/1665050

★フォンダン・ショコラ餅
  参照:http://www.recipe-blog.jp/profile/12778/recipe/201193

★お餅のころりん焼き
  参照:http://www.recipe-blog.jp/profile/8283/blog/10642337

鏡開きの意味についてご馳走を囲みながら家族で話をするのも良い機会です。
新たな年も家族の無病息災と繁栄をお祈りしましょう。



スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ