お正月の鏡餅の意味と飾り方について

お正月の鏡餅には
どんな意味があるのでしょうか? 
どう飾ればいいのでしょうか? 
いったいいつからいつまで飾ればいいのでしょうか? 
最後にはどうすればよいのでしょうか?

日本の正月につきものの鏡餅ですが
案外に現代の私達の知らないことも多いです

今回の記事では、そんな鏡餅についての知識
を紹介いたします。

Sponsored Links


鏡餅の意味は?

鏡餅は神様にお供えしてからいただく尊い餅で
「お供え」の別名があります。

鏡餅には、1年間の幸せを願う「晴れの日」に神前に捧げた餅を
みんなで分け合って食べることで
神様からの祝福を受けようという意味合いが込められています

重ねた餅を鏡餅と呼ぶようになった理由のひとつは
丸い餅の形が昔の銅鏡に似ていることです。
(古来から、鏡は神様が宿るところとされていました。)。

また、鏡餅の「鏡」は「鑑みる(かんがみる)」です。
つまり良い手本や規範に照らして考えるという意味の言葉にあやかり
「かんがみもち」とよぶ音がしだいに変化して鏡餅になったのだという説もあります。

さらに、鏡餅の丸い形は家庭円満を表し
重ねた姿には1年をめでたく重ねるという意味もあるそうです。


kagamimochi1



鏡餅の飾り方

鏡餅は三方と呼ばれる台に載せます

尊い相手に物を差し上げるときには台に乗せることが礼儀であることから
三方が使われています。

三方の上に、は四方紅と呼ばれる色紙をまず敷きます
四方紅は、お供え物をのせる色紙で、四方を「紅」でふちどることで
「天地四方」を拝し災を払い、一年の繁栄を祈願するものです。

四方紅の上に裏白(シダ)を敷き、その上に鏡餅を置きます
裏白は古い葉とともに新しい葉がしだいに伸びてくるので
久しく栄えわたるという縁起をかつぐのです。

鏡餅の上に御幣(四手)を置き、さらに橙を載せます。
御幣(四手)は、四方に大きく手を広げて繁盛するようにという意味があり
その紅白の赤い色は魔除けの意味があります。

また、橙は木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって
代々家が大きく栄えるようにと願った縁起物です。

橙ではなく、海老や扇(末広)を飾ることもあります。
海老は、その姿になぞらえ、腰が曲がるまで長生きできるようにと祈るものです。
扇(末広)には、末長く繁栄していくようにという願いが込められています。

伝統的な鏡餅の飾り方の動画です。
正月用の鏡餅の飾り方は地域によって多少の違いがあります。
参考程度にご­覧下さい。




鏡餅の組立と飾り付け(市販品購入組立バージョン)の動画です。
市販品を購入した場合は参考になります。





鏡餅はいつからいつまで飾るのか?

鏡餅を飾り始めるのは、12月28日が最適とされることが多いです。
「八」が末広がりで日本では良い数字とされているからです。

12月29日は、日本では「九」が苦しむにつながるので避けるべきとされます。
(ただし、29を「福」と読み替えて、この日に餅を搗く地域もあります)。

12月30日はキリの良い数字なので悪くないと考えられています。
(但し旧暦で12月は30日までしかない為
旧暦通りならば「一夜餅」の扱いとなるので忌避される場合もあります)。

12月31日に飾るのは、「誠意に欠ける」とされ
「一夜飾り」「一夜餅」として忌避されます。

正月が終わって下げた餅は鏡開きを行います
現在の鏡開きは、一般に松の内(1月7日)が終わった後の1月11日に行われます。

神様への供え物なので
松の内に下げたりせず鏡開きまで飾っておくべきだと言うひともいれば
松の内が終わりお供えが終了した後は
飾ったままにせず下げるべきだというひともいます。


鏡餅を最後はどうするのか?

刃物で切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で餅を食べやすい大きさに分解します。

月をすぎた鏡餅は概ね生食するには硬すぎるほど乾燥しひび割れているため
主に汁粉や雑煮などにして食べるのが普通です。

なお、現代は鏡開きの手間を簡略化するため
プラスチック容器などで包装した状態で売られている鏡餅もあります。

越後製菓さんの動画をお借りしてきました。
お鏡餅のおはなしの動画です。




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ