雑煮という言葉の由来と 雑煮日本地図

お正月に食べるお雑煮の
言葉のそもそもの由来は何でしょうか。

また、地域によって色々なものがありますが
どのようなものがあるのでしょう?

またちょっと変わったものとしては
どのようなものがあるのか見てみましょう。

Sponsored Links


お雑煮の由来は何でしょうか?どうしてお正月に食べるのでしょうか?

お雑煮は、日本各地でその年の無病息災を祈って食べられるものです。

本来は宮中で食べられていた
「おもち」「あわび」「いりこ」「大豆」「サトイモ」「山芋」「焼き栗」の
七つの材料を味噌で煮たものが始まりと言われています。

ですが、「何でも雑多に煮る」ものがお雑煮だと誤解されて
「おもち」以外は全くルールなしに
全国でアレンジされて食べられるようになりました。

宮中では「お雑煮」を、大みそかに作って神様にお供えしてから
年が明けて人間が食べたものと言われています。

神様にお供えしてから食べることで
神様の力をおすそ分けしてもらうという意味があったのです。

それがいつの間にか、お供えの意味合いが薄れて
元旦に作って元旦に食べるものとなっていきました。

神様へのお供えであったので
その土地で収穫される最上のものを入れることが決まりでした。

今でも、岩手県・宮古市のお雑煮は
アワビやイクラなどがふんだんに入っていますし
広島県・広島市のお雑煮には、牡蠣と塩ブリが入っています。

お雑煮の意味がまだ失われていない、例とも言えます。

また、今でも九州の一部では、お雑煮の事を「ナオライ」と呼ぶ地域がありますが
これは神様にお供えしたものを食べるという意味の
「直会(なおらえ)」から来た言葉と言われています。


zouniyurai1



地方によるお雑煮の違い

お餅の形による、東西を分断するライン

お雑煮の違いの基準は
「丸餅を入れるのか、切り餅を入れるのか」
「お餅を焼いてから入れるのか、そのまま煮るのか」
「スープはお澄ましか、お味噌か」

というところにありますが、ほかにも例外として
甘いお雑煮、スープのないお雑煮などもあります。

お餅を焼くかどうか、スープにお味噌を入れるのか、には
日本でどの地域がこうだという明確な地理的基準はありませんが
お餅は丸いのか、切り餅なのかということには、東西分かれるラインが存在します。

日本海の富山から関ヶ原を通って三重に抜けるラインがそれです。

もちろん、例外はありますが
そのラインから西は丸餅、東は切り餅であるのが一般的です。


関東のお雑煮

東京を中心とする関東は、切り餅でお澄まし仕立ての事が多いです。

切り餅はのし餅を切ったものであることから
「敵をのす」ので縁起がいいとされています。

「味噌がつく」という言葉には、失敗するという意味もあるので
味噌がつかないお澄ましを使います。

武家文化ならではのお雑煮です。


関西のお雑煮

関西、中でも京都は、昆布のおだしで丸餅を煮
白みそ仕立てで食べることが多いです。

人の頭になれるようにと、頭いもをいれることもあります。

全国的な傾向

切り餅を焼いてお澄ましで食べるのは
東北地方、関東地方、上信越地方が多いです。

新潟と金沢、愛知と静岡は
切り餅をそのままお澄ましで煮ることが多いです。

福井と京都と兵庫の日本海沿岸地方は、丸餅を赤味噌で煮て食べることが多く
それ以外の関西地方と、四国の東側は、白みそで丸餅を煮ます。

四国の西側、九州地方と山陽地方は
丸餅をお澄ましで煮るのが一般的です。

山陰地方には丸餅を小豆で煮る、甘いお雑煮が見られます。


特徴のあるお雑煮

宮城県・仙台市のお雑煮は
焼いたハゼを丸ごと一匹乗せた豪快なお雑煮があります。
凍り豆腐や大根、ニンジンをハゼでとった出汁で煮
イクラなども載せたりします。

奈良県・大和地方のお雑煮は
蓋付きのお椀の蓋の部分に砂糖で味をつけたきな粉を入れ
お雑煮のお餅はきな粉をつけながら食べます。

青森県・八戸、長崎県の一部、山口県の一部、兵庫県神戸市の長田地区には
鯨肉を使ったお雑煮があります。


zouniyurai


いかがでしょうか。

お父さんとお母さんが違う地方の人なら
一日と二日で違う種類のお雑煮を食べる家庭も多いです。

お雑煮は地方地方の文化と豊かさの象徴だと言えます。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ