トリックオアトリートとジャックオランタン ハロウィンの起源から

10月となると、運動会シーズンも一段落し
秋も深まりすこし物寂しい雰囲気がありますよね。
そんな中であまり馴染みのない(私の周りだけかもしれませんが)
行事ハロウィンがやってきますね。

ハロウィンといえば、お菓子を配ったり、仮装したり、
かぼちゃのランタンを作ったり
と色々なイメージがありますが
その由来、起源についてはさっぱり・・・。

そこで、ハロウィーンの起源、ジャックオランタン、トリックオアトリート
について調べてみました。

Sponsored Links

そもそもハロウィンとは?その起源は?

ハロウィンとは毎年10月31日に行われます。
昔いたケルト人(インド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族)
が最初に始めたお祭りです。

最初から仮装やお菓子を配ったりしていたわけではないそうで
ケルト人が秋の収穫のお祝いをしたり
悪霊を追い払う宗教的な意味合いのほうが強い行事
だったそうです。

なぜ、10月31日だったのか?
ケルト人の信仰では11月からは冬の季節が始まります。

この時期には現世と霊界の間の見えない「門」が開いて
両方の世界を行き来できてしまうようになると考えられていました。

そこで悪魔が現世に紛れ込んでしまうのを防ぐために
かがり火を焚いて一晩中踊っていたそうです。

それから紆余曲折あり、当初は宗教色の強いものでしたが
20世紀初頭にはそういった宗教的背景などに関係なく

今の形のハロウィンパーティーが
あらゆる人々によって全世界へ広まっていきました。

アメリカへ渡ったのは19世紀初頭。
それまではアイルランド等を中心に普及していました。


halloweenn1



ジャックオランタン!あのカボチャのランタンの正体

あのカボチャのランタンにも正式名称があり
「ジャック・オー・ランタン」といいます。

このランタンもケルト人のお祭りに由縁があり
当初の魔除けとして焚いたかがり火が、モチーフとなっているそうです。

「ジャック・オー・ランタン」とは「ランタン持ちの男」という意味があります。
なぜカボチャなのかは、諸説あるのですが当初は蕪だったようです。

堕落した人生を送った男の死後、その魂が死後の世界へ入ることを拒まれ
そこで悪魔からもらった石炭を火種に、転がっていたカブをくりぬき
その火種を入れたランタンを歩き彷徨う姿が由来です。
あくまで伝承上の話ですが。

ちなみにこの話はアイルランドやスコットランドに伝わるお話で
これがアメリカに伝わった際に、生産の多かったカボチャに変わったそうです。

実は商業的な要素も、このカボチャには含まれていたのですね。


lantan



トリックオアトリート!

ハロウィンの醍醐味といえば、仮装してご近所をまわり
トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ)」
と唱えてお菓子をもらうことです。

この習慣は「ソウリング」と呼ばれる、11月2日の「死者の日」
(日本でいうお盆に近いもの)の際、
キリスト教徒が亡くなった親類の魂に、お祈りをしながら物乞いをし
それを捧げるという習慣から発展したものだそうです。

ちなみに、お菓子をくれなかった家庭には報復してよいということになっております。
その報復内容は

家や車に生卵をぶつける
家の木にトイレットベーパーを挿す
家中トイレットペーパーでぐるぐる巻きにする
水鉄砲を浴びせる
水風船をぶつける


様々なものがあるようです。

もっと言えば、家側にもルールがあり
お菓子をあげてもよい家庭は玄関の明かりをつけておく
そうでない家庭は明かりを消しておきます。

また玄関の明かりはつけておいて、お菓子を上げることを拒み
迎撃する家もあるのだとか

お菓子を上げることがマナーという訳ではなく
そのやり取りも、ハロウィンの楽しみの一つなのかも知れませんね。

「Trick or Treat 」の動画です。本場アメリカではこんな風なのですね!


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ