お祝いの席のちらし寿司 郷土料理としてのレシピを紹介

お祝いの席で食べるちらし寿司。
見た目もきれいで、家族がみんな喜ぶ味ですね。

今回は、郷土料理としてのレシピを紹介します。

自分が食べなれている味がどこのルーツなのか
あたらしい発見があるかもしれません。


Sponsored Links

呼び名いろいろ

ちらし寿司は、ばら寿司五目寿司ばらちらし手こねずし
と呼び名もさまざまです。

散らしてある、ばらばらのもの、たくさんの具材(五目)
などからこの名前は来ています。


京都 丹後のばら寿司

京都の丹後地方ではさばをよく使います。

福井県の若狭湾でとれたさばを京都へ運ぶ道
(福井県小浜市から京都市左京区まで)は、
鯖街道と呼ばれているくらい、
福井と京都はさばによる縁があります。

昔、若狭でとれたさばが京都につくころには
程よい塩加減になっていたそうです。

さばの身をこそげて甘辛のそぼろにすると
とてもご飯がすすみますよね。

ばら寿司にする際は、さば缶を使うと味も決まりやすいです。
また型に入れてつくるのが、このばら寿司の特徴です。

具材は、戻したシイタケ、かんぴょう、錦糸卵、きぬさや、などです。

参考
サバ缶を使ったちらし寿司~丹後ばら寿司~



岡山県のばら寿司

江戸時代、岡山(備前)の大名、池田光政は
質素倹約のために「一汁一菜」令を出しました。

人々は普段はそれを守っていましたが
祭りやお祝い事などの晴れの日には
ごちそうを食べたい、作りたいと考えます。

そこで、魚や野菜を目立たないように寿司めしに混ぜ
見た目は一汁一菜でも、
中身はたくさんの具材が入ったお祝い飯を思いつきました。

岡山県は温暖な気候と、瀬戸内の海の幸に恵まれ
たくさんのばら寿司の具材に恵まれています。

アナゴ、さわら、えび、いかなどの魚類
ままかり、かすごなどの酢でしめた魚
あなご、ちくわ、ふき、ごぼう、たけのこ、にんじん・・

それはたくさんの材料があります。

下準備から始めると半日以上かかりますが
まさに晴れの日のごちそうですね。

家族みんなの喜ぶ顔が思い浮かぶというものです。

参考
ばらずしのレシピ


ところで関東では

関東地方では、酢飯の上に
刺身などの生魚をのせたものが多いです。

作り方というよりは
なにをどのように盛り付けるかがポイントのようです。

参考
ちらしずしの作り方(関東)


sushi


徳島のばら寿司

徳島県では、甘く煮た金時豆を入れるそうです。

これは驚きです。
でもいろいろな味を楽しめますね。

甘さと酸っぱさの調和がとれて
とてもおいしそうですね。

参考
田舎風ちらし寿司


広島県では、もぐり寿司

具材を混ぜる→もぐることから来ているようです。

金時豆は徳島県と共通ですが
ぎんなんや、里芋、栗をいれるところもあるようです。

実際、広島の名物駅弁には
もぐり寿司」があります。

寿司めしの中には、あなごや瀬戸内の野菜がたくさん入っていて(もぐっていて)
まるで宝物をさがしているような楽しい気持ちになれるお弁当です。

ぜひ食べてみたいです。

参考レシピ
もぐり(田舎ずし)


福岡県では、鶏肉を入れる!

福岡県筑豊地方では
ちらし寿司に鶏肉(かしわ)を入れるそうです。

一般的なちらし寿司というよりも
混ぜ寿司のようなものですね。

参考
お寿司ご飯(飯塚市)


作り方を見ていると、とてもおいしそう!

鶏肉が入ることで
味にコクも出るし、酸味もやわらぎます。

五目炊き込みご飯は見た目がどうしても地味になってしまいますが
これは彩りもはなやかで特別な日のごちそうになりますね。

具材は翌日もいろいろ形をかえて楽しめます。

目からうろこのレシピ、ぜひ試してみたいです。


静岡ちらし

レシピではありませんが、昨今の地産地消の広まり
和食が見直されたこともあり
今、「静岡ちらし」が話題となっています。

徳川家康が、三河から静岡に伝えたという料理が
持舟鮓」とよばれる混ぜ寿司でした。

静岡は、海、山の幸両方恵まれています。

祭りがあると各家庭では桶に寿司をつめたそうです。

現在、その味を思い出そう、味わおうと
すし組合が提唱しているのが静岡ちらしです。

静岡県でとれた魚、わさび、お茶を使うことを原則
主に静岡の中部、西部ではたくさんのお寿司屋さんが紹介されています。

ここから、家庭で使えるレシピがまたできそうですね。

参考
静岡県すし組合


レシピは家庭の数ほど

ちらし寿司は地方別にみてもおもしろいのですが
その家庭ごとにレシピがあるといっていいくらい
さまざまなものがあります。


chirashisushi


子供が小さかったころは
鮭のほぐし身、少量のいくら、角切りチーズ、ごま、のり・・
などをちらし寿司として出していました。

そのうち野菜をたくさん食べるようになり
市販の混ぜ寿司の素にお世話になることも多くなり
「時間のないときのお助けメニュー」としての
ちらし寿司になりました。

さまざまなレシピをみていると
半日くらい台所にこもり
ひとつひとつていねいに準備した
ちらし寿司、混ぜ寿司、ばら寿司、を作りたい!
そう思います。

季節によって、きのこを入れたり
薬味をおおくしてもっとさっぱりさせたり・・。

ちらしずしという料理の懐の深さに
ただただ感謝するばかりです。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ