イチゴジャムを作りませんか?簡単な 作り方をご紹介!

春になり、台所仕事が楽しくなると
ゆっくりジャムを作りたくなりませんか?

その中でもイチゴジャムのおいしさは格別ですね!

作り方はいたってシンプルなのです。

使う道具別にまとめてみると
自分の作りやすいやり方が見えてきました!

Sponsored Links

ジャムと言えば・・・

スーパーでよく見かけるジャム、アヲハタ

白を基調としたラベルと
カラフルな瓶がずらりと陳列されている様子。

見ているだけで気持ちがうきうきしてきます。

アヲハタHPには商品の紹介だけではなく
ジャムを使ったレシピや
基本のジャムの作り方が載っていますのでぜひご覧ください。

特に容器の殺菌等において
衛生面の基本に立ち戻ることができます。

せっかくおいしいジャムを作っても
かびが生えてしまっては残念ですよね。

(参考)アオハタ
http://www.aohata.co.jp/wo001_magazine/jamguide/


初めてのジャム作りなら・・・

ジャムは料理というよりは作業の部類だと思うので
焦げ付き以外で、そうそう大失敗ということはないと思います。

それでもこちらは丁寧に
写真付きで作り方が載っています。

参考にしてください。

(参考)初めてさんへ いちごジャム
http://cookpad.com/recipe/352566


ichigojam


電子レンジ版(通常の量)

レンジを使い慣れている方なら
ジャムもお手のものとなります。

ボールひとつで、500wで6分間の加熱を2回すると
(2回目はアク取りをしてから)完了とのことです。

これなら気軽にできますね。

ジャム作りの際、砂糖の重量の目安は
果物の40%から50%の量
(イチゴ250gなら砂糖は100gから125g)と言われています。

実際、砂糖はもう少し控えめでも充分おいしいです。

ただ砂糖を減らすと、その分かびがはえやすくなるので
都度熱湯消毒したスプーンを使う
早めに使い切るなど工夫が必要となります。

分量にはそれなりに理由があるのですね。

(参考)電子レンジを使ったイチゴジャムの作り方
http://food1.setosa.com/jamitig2.html


電子レンジ(少量 食べきりの量)

長期保存ではなく、パックに半分あまったイチゴを
使いきりたいときなどに便利です。

作ったらその日か次の日には食べてしまいましょう。

砂糖の量がかなり控えめなので
離乳食にも向いています。

ジャム作りというと、ついつい一仕事と思ってしまいますが
こういう風に気軽に行うのもいいなあと思いました。

サラダ油を数滴たらすのは、ふきこぼれを防ぐためだそうです。

(参考)レンジで簡単 いちごのジャム
http://cookpad.com/recipe/523931


圧力鍋で作るなら

圧力鍋のいいところは
短時間で材料がふわっと柔らかくなるところです。

ビーフシチューを作ったとき
お肉が噛む前に口の中でとけるような柔らかさに仕上がると
とてもうれしい気持ちになります。

いちごジャムも同様です。

圧力鍋で作る場合、なるべくつぶさないようにして
いちごの果実そのものを圧縮する感覚で作ります。

このジャムはパンに塗ってももちろんおいしいのですが
ヨーグルトやアイスクリームに混ぜたりすることで
そのおいしさを発揮します。

またスコーンに絶品です!

クリーム(私はいつもクリームチーズで間に合わせています!)
とジャムと、少し温めたスコーンがあれば
かなり満足度の高いティータイムになりますよ。

(参考)圧力鍋 普通鍋で♪いちごジャム
http://cookpad.com/recipe/552441


jamandscone


ルクルーゼで、ことことと・・

反対に、今度はゆっくり時間をかけて
優しい味わいのジャムを作りましょう。

ファンの多いルクルーゼの鍋
ジャム作りにもとても便利です。

そしてこの鍋で作るなら
同社のスパチュラもぜひ一緒に使ってみてください。

ジャム作りは焦げ付きやすくなるため
鍋肌からきっちりすくいとるルクのスパチュラなら
それが防げるからです。

耐熱温度も250度までなので安心です。

以前、安物のスパチュラを
耐熱温度を確認しないままジャム作りに使ったら・・・
とけかかって本当に慌ててしまいました!

(参考)ルクルーゼで簡単いちごジャム!!!
http://pensee777.exblog.jp/13570602


レモンをいれる理由は?

理由はちゃんとありました!

いちごを始めとする果物の細胞の中にあるペクチン
糖分や酸と一緒に加熱させることで
ゲル状に
なります。

この性質を利用したものがジャムです。

レモン汁には酸が含まれており
これでペクチンのゲル化が一層促進されます。

また酸は酵素の働きを抑える役割もしているので
出来上がりの色を鮮やかにするのです。

レモンは少量ですが
実に大切な役割を果たしているのです。

ジャム作りはシンプルな行程です。

でもそこには、浸透圧や沸点上昇(下記に例をあげました)など
化学の世界に満ち溢れています

家族で実験しながら作るのも楽しいものです。

例1・・ジャムと浸透圧
いちごに砂糖をかけてしばらく置くと
浸透作用によって
いちご細胞内のペクチンが水分と一緒に外に出ます。

例2・・沸点上昇
水は100℃で沸騰しますが
砂糖が入っていると108℃まで上昇します。
これにより一層ゲル化が促進されます。

ジャム作り、楽しくやりましょう!




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ