新玉ねぎとは?保存は?おいしく食べるレシピは?

春の味覚として、スーパーの店頭に
新玉ねぎが並ぶようになりました。

普通の玉ねぎとは異なり、辛味が少なく瑞々しいことから
サラダなど生食用とすることが多いです。

ここでは普通の玉ねぎと新玉ねぎの違いや
玉ねぎの選び方、保存の仕方、

新玉ねぎが一番おいしく食べられるレシピなどを
まとめていきたいと思います。

限られた期間しか手に入れられない
旬のごちそう」をたっぷり楽しみましょう!


Sponsored Links

玉ねぎは1年中使える、常備野菜の定番

玉ねぎはネギ属の多年草であり
「鱗茎(りんけい)」と呼ばれる部分を野菜として食用にします。

玉ねぎは収穫した後、表皮を乾燥させておけば長期保存が可能であり
常温でも数ヶ月は保存が可能とされています。

したがって、1年中玉ねぎを食べることができます。

玉ねぎの調理法は多様です。
サラダやマリネなどで生食したり

肉じゃがやカレーに入れたりするほか
タルタルソースなどの素材としても欠かせない食材です。

玉ねぎは春にまいたものを秋に、
秋にまいたものを初夏に、
収穫するのが一般的です。

新玉ねぎは秋にまいたものを
春に早採りしたものを指します。

新玉ねぎは辛味が少なく
瑞々しいので生食に向いています。

新玉ねぎの旬は4月~5月中旬であり
それを過ぎれば普通の玉ねぎに入れ替わります。

新玉ねぎの中にもさまざまな品種があり
出回る時期が異なっています。

4月中旬までに出るのは「秀玉」などといった品種で
4月後半から5月には「五月」や「もみじ」などの品種が出回ります。

一般的には、シーズン前半に出るものは
新玉ねぎの中でも特に柔らかいのが特徴
です。

シーズン後半のものは少しだけ固くなりますが
甘みやみずみずしさは変わりません



onion


おいしい新玉ねぎを「見て」「触れて」選ぼう!

続いては、スーパーなどで新玉ねぎを買う際
チェックしておきたいポイントについてご紹介していきます。

ネットなどに入っているとわかりにくいかもしれませんが
ポイントを確認しながら選んでみてくださいね。

まずは、新玉ねぎの表面を見るようにします。

表皮がよく乾き、ツヤがあるものが良いでしょう。
また、表面が白すぎないものが良いとされています。

次に見るのは首の部分です。
ここがよく締まっているものを選ぶようにしましょう。

最後には、新玉ねぎを触ってチェックをします。

表面を軽く押して、やわらかい部分があるものは
腐っていることがありますので、避けるようにします。

ただし、あまり強い力で押してしまうと
店員から注意されることもありますので
感触については程ほどにチェックするのが良いでしょう。

おいしく食べるためには保存方法も重要です。

普通の玉ねぎと比べで日持ちが悪いので
早めに食べきるのが良いでしょう。

保存する場合は涼しいところでネットに吊るしておく
そういったスペースがない場合は新聞紙に包んで
冷蔵庫に入れておくのがオススメです。


新玉ねぎの良さを味わうなら「生食」が一番

最後に、新玉ねぎをおいしく食べるレシピについてまとめます。

新玉ねぎは揚げたり炒めたり煮込んだりするよりも
生食」が一番のオススメです。

今回は、イタリアンな新玉ねぎサラダをご紹介したいと思います。

 【材料】
   ・新玉ねぎ 1個
   ・スライスベーコン 4枚
   
  ドレッシングの材料
   ・オリーブオイル 大さじ2
   ・サラダ油 大さじ1
   ・ワインビネガー 大さじ1 ※ない場合は酢でも可
   ・塩コショウ
   ・粒マスタード 小さじ1

 【作り方】
  ■ (1) 新玉ねぎは縦半分に切り、
     繊維に直角に薄切りにして水にさっとさらします。

     ※新玉ねぎは辛味が少ないので、スライスしたら
      少し辛味を見て水にさらす時間を加減しましょう。

      水にさらすと辛味は抜けますが、同時に栄養分も
      流れ出てしまうため、長時間漬けておくのは禁物です。

  ■ (2) ベーコンを幅1cmくらいに切り
     フライパンでカリカリに焼きます。

  ■ (3) ドレッシングの材料をボウルで混ぜ合わせます。

  ■ (4) 器に水気をよく切った新玉ねぎを盛り付け
     ベーコンを散らしてドレッシングをかけます。

     ※好みに応じて、トマトや葉物野菜を少し添えると
      彩りが綺麗になってオススメです。
新玉ねぎのイタリアンサラダについてまとめましたが
いかがだったでしょうか?

我が家でも春になると新玉ねぎは必ず買っていて
スライスしてドレッシングをかけて食べるのが定番です。

普通の玉ねぎとは異なる、シャキシャキの食感をぜひ楽しんでみてくださいね!




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ