旬の春野菜が美味しい!和え物のすすめ

春がやってきましたね!

日々の献立にも
見た目にそんな春の彩りがほしいところです。

和え物、よくつくりますか?

おいしいのはわかっているけど
ついついしょうゆとおかかで済ませてしまうことが多い我が家。

でもこの春はたくさん作りたい!
という気持ちであふれています。

何度か作っているうちに慣れてくるので
ぜひ作ってみましょう!


Sponsored Links

和え物の鉄則・・それは!

和え物をするときに、一番気を付けたいこと。
それは、「水気を切る!」これにつきます。

清潔な手でぎゅぎゅっとすること
これで調味料のなじみが格段によくなります。


和え物の調味料、いろいろ

レシピ本を見ながらでももちろんいいのですが
和え物って本来とても簡単な料理です。

冷蔵庫にメモ書き程度に種類を貼っておくだけでも
作っているうちにイマジネーションが広がりますよ。

上段はこってり
下段に行くほどさっぱり
大人風味になります。

・白和え 
水切りした豆腐に
練りごま、砂糖、しょうゆ、みりん等を足し
和えたもの。

白和えは、なぜかおっくうになって
なかなか作らないメニューのひとつでした。

豆腐をレンジで水切り
練りごまと調味料を合わせるだけなので
本来とてもお手軽です。

練ごまは、和風マヨネーズのようなもの
と考えるといいですね。

・ツナ和え 
これはささみにも発展できます。
ツナの水気、油分を切ることがポイントです。

ツナ、便利ですよね。
あると安心します。

・練りごま和え 
これをすりごまにするとさっぱりします。
ピーナツペーストにも置き換えられますね。

・みそ和え 
やわらかな味。

白みそでもいいですし
くるみみそも香ばしいですね。

・甘酢和え 梅和え 

・辛子しょうゆ和え  
辛子しょうゆは
子供向けのメニューや味付けに飽きた時に
無性に食べたくなります。

引きしまる味
目の覚める味で大好きです。


春野菜をみつけよう

あとは、これらに春の野菜を組み合わせるだけです。
これも下に行くほどさっぱり大人向きになります。

・春キャベツ 
春先に出回るキャベツは別名サラダキャベツと言われるほどに
葉が柔らかく、水分を多く含んでいます。

生で食べるのが一番。
この季節は湯がかずに、塩もみして水気を切ったものに
しらす、ごまなどを合わせてみましょう。

お子さんにはツナ和えが喜ばれますね。

・新玉ねぎ
玉ねぎは通常保存性を高めるために
表皮を乾燥させてから出荷されます。

新玉ねぎは水分が多く
乾燥処理に向いてないので
収穫後そのまま出荷されます。

通常の玉ねぎよりも甘みがあるのが特徴です。

新玉ねぎのごま和えは
甘みを感じてこの季節ならではの味です。

・春菊 
白和えがおいしいです。

これで春菊を克服したというお子さんも多数いるようですね!

・菜の花
こちらは、ほんの少しのほろ苦さもあり
春のおいしい野菜のひとつです。

さっぱり味もこってり味も両方楽しめますね。

プラスアルファでもっと和え物を楽しむ

春の野菜は甘みのあるものが多いので
ここにみょうがやしょうがの薬味をプラスすると
ぐっと味がしまります。

特に春キャベツ。
口の中で、甘い、しゃきしゃき、さっぱり・・と
いくつもの味と食感を楽しめます!

ここまですると立派な一品ですよね。
小料理屋さんの気分です!


aemono1


おまけレシピ

・木の芽あえ
これは代々伝わる一品というご家庭も多いでしょう。

嫁ぎ先で生まれて初めて食べて以来
その味に感動し、以来毎年作っています。

掘りたてのたけのこが手に入るととてもうれしいし
庭でとれた木の芽(山椒の葉)だとよりよいのですが
年によってはすべて買ってきたもので作ることもあります。

【材料】
・茹でたけのこ なるべく上のほうの柔らかい部分
・木の芽 10枚くらい
・下味用に だし汁、薄口しょうゆ、みりん
・和え衣用に 白みそ、砂糖、酒、みりん

【作り方】
■・小さ目に切ったたけのこを
  下味用の調味料で10分ほどゆでる。

■・和え衣用の調味料は
  鍋で照りが出るまで練る。
  (練味噌)

■・木の芽は、軸をとり
  葉をすり鉢でする。

■・上記の練味噌が冷めたら
  その中に入れ混ぜる。

(参考 たけのこの木の芽和え

我が家はここに、刺身用のイカを加えることもあります。

これこそが春の味。
毎年の楽しみです。

・最近のブームはクリームチーズ
クリームチーズを買い置きしておくと
お菓子作りにとても便利なのですが
これを料理にも使うことが増えてきました。

しょうゆとの相性が抜群

これにかつおぶしを加えたら
それだけでもいいおつまみです。

牛乳で少しのばして
ほうれん草やそら豆、春菊とあえるとぴったり。

そしてもちろん
じゃがいもやかぼちゃともぴったりです。

これは秋の味かな。

これも立派な和え物。
家族が好きになる味ですね。


いかがでしたか?

和え物は、その字を眺めていると
食材が優しく調和した一品ともいえます。

家族が和やかに食卓を囲んでいる様子も想像できます。

みそやごまなど、
知らず知らずに身体にいいものをとっていけます。

よく考えてみると、和え物って和風サラダなんですね。

サラダなら既製品のドレッシングをかけるだけ。
簡単!

それに対して
和風サラダは既製品のドレッシング(あえ衣)が
手に入らないので手作りする。
そこが面倒。

もしあなたのレシピレパートリーに和え物がなかったら

この春から、ぜひ旬の春野菜での和え物つくり
楽しんでくださいね。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ