差し歯治療の種類と費用 保険適用?適用外?

歯が抜けてしまったり、欠けてしまったりした場合
差し歯治療を行うことがあります。

また、差し歯と似たようなものにインプラントがあります。
この2つには大きな違いがあります。

差し歯とインプラントの違いについて少し触れてから
差し歯治療の種類や費用についてまとめていきます。

保険を適用する場合としない場合とで大幅に費用が変わります

それぞれのメリットやデメリットなどと一緒に
ご紹介していきます。

Sponsored Links

差し歯とインプラントの大きな違いとは?

なんらかの原因によって、歯が抜けてしまったり、欠けてしまったりした場合
人工的に歯を差し込む「差し歯」と呼ばれる治療を行うことがあります。

似たような治療に「インプラント」がありますが
まずは両者の違いについて簡単にご紹介していきたいと思います。


差し歯

差し歯は、歯の根元に対して治療を行うことがほとんどありません
そのため、抜歯した部分に差し歯を入れることはできません。

また、後に触れますが差し歯の治療には保険適用になる場合と
適用外になる場合とがあります。

インプラント

インプラントは顎の骨にチタンでできた人工の歯根を結合させ
その上に人工の歯をかぶせる
という治療法です。

したがって、根っこの部分も含めて、まったく歯がない場合においても
インプラント治療を行うことが可能です。

とても優れた治療方法ではありますが、保険が適用されない
自由診療ですので費用の面で大きな課題が残っています。


費用は安いが、見た目や耐久性に問題が…

それでは、差し歯の治療について詳しく見ていきましょう。

先ほどもお伝えしましたが、差し歯には保険適用のものと
そうでないものがあります。

まずは、保険適用の治療法や費用の目安からご紹介していきます。


 ・硬質レジンジャケット冠
  3000円~5000円
  かみ合わせにより削れるという欠点があるものの
  費用がもっとも安いのが特徴です。

 ・硬質レジン前装冠
  5000円~8000円
  先ほどの硬質レジンジャケット冠の中に
  金属を入れることによって、強度を増したものです。

 ・銀歯
  3000円~5000円
  奥歯へ向けて治療を行う場合に使用します。


このように、保険適用の治療では治療費を安く抑えることが可能です。

しかし、保険適用の治療は適用外のものと比べると
見た目が悪いという欠点があります。

人前に出る仕事をしている方などは、特に注意が必要です。


sashiba1


保険外の差し歯は高価な分、強度や見た目が格段に違う

続いては、保険適用外となる差し歯について
種類と料金の目安についてご紹介していきます。


 ・オールセラミック
  8万円~15万円
  セラミックでできた人工の歯であり
  レジンに比べて非常に強い素材でできています。

 ・ハイブリッドセラミック
  4万円~12万円
  レジンにセラミックを混ぜたものです。

 ・メタルボンド
  10万円~20万円
  中が金属で、外側がセラミックでできています。
  強度が高いのが特徴の人工歯です。

 ・ジルコニアクラウン
  10万円~20万円
  非常に硬くて白い素材で作る人工歯であり
  強度と見た目が格段に違います。

 ・金歯
  4万円~10万円
  金でつくる、奥歯向けの人工歯です。


保険適用外の差し歯治療は、保険適用のものと比べますと
かなり費用がかかります

しかし、保険の差し歯は色の問題や
破損の問題が起こるリスクが高いです。

もちろん、通常の生活を送る上で特に支障が出ることはありませんが
見た目を気にする場合は高額でも保険適用外の差し歯を選ぶ方が多いようです。

どちらを選ぶにせよ、医師としっかりと相談
納得した上で治療を受けるようにしましょう。





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ