更年期障害とは?その症状と治療法

更年期とは、閉経前後5年くらいの期間を指します。

平均的には50歳で閉経を迎える方が多いので
更年期は45~55歳の時期となります。

しかし、更年期の期間や症状は個人差がかなり大きいです。

更年期は閉経によるホルモンの大きな変動によって引き起こされ
発汗や冷え、肩こりや腰痛などのさまざまな症状を起こします。

更年期症状の代表的なものをご紹介しながら
その症状を緩和するための治療法についてまとめたいと思います。

更年期は女性だけのものではありませんよ。
男性もご用心


Sponsored Links

更年期には閉経に伴うホルモン変動によってさまざまな変化が起こる

更年期には思春期と同様に
大きく体が変化します。

卵巣の働きは、30歳くらいをピークとして
ゆるやかに衰え始めます。

そして、その機能が
完全にストップしてしまうことによって
閉経を迎えます。

閉経の平均年齢は約50歳とされていますので
更年期の目安の年齢は45~55歳となります。

卵巣の働きが衰えると、卵巣からでる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が徐々に少なくなります。

すると、働きの悪くなった卵巣を何とか働かせようと
脳の下垂体から性腺刺激ホルモンが
大量に分泌されるようになります。

こういったメカニズムによって脳が興奮状態になり
自律神経をも刺激して失調をきたします

このようなホルモン変動に伴って
更年期症状」と呼ばれるさまざまな体の変化が起こります。

この症状が日常生活に支障をきたすほど強い場合を
更年期障害」と呼びます。


zutsu


女性は閉経によって生殖能力を失いますが
男性はそうではありません。

しかし、男性の場合も年齢とともに
精巣で作られる男性ホルモンが減少していきます。

この変化は女性に比べて緩やかなために症状は現れにくいですが
男性にも女性と同様に更年期症状が起こることもあります。


更年期症状には実にさまざまな種類がある

続いては、更年期症状について
代表的なものを挙げていきます。

いくつもの症状に長く悩まされる方もいれば
ほとんど自覚症状がないまま更年期を過ぎる方もいます。

代表的な更年期障害の症状

血管系
  自律神経は
  血管を拡張させたり収縮させたりする
  働きを持っています。

  血管系の自律神経に失調をきたす
  次のような症状が現れます。

   ○・のぼせ、ほてり、発汗
   ○・冷え
   ○・動悸、息切れ
   ○・血圧の変動

運動器・皮膚分泌系
  卵胞ホルモン(エストロゲン)の
  不足によって起こる症状です。

   ○・関節の痛み、肩こり、腰痛
   ○・皮膚の乾燥、かゆみ
   ○・口の渇き


kataita


泌尿器系
  自律神経の失調や、骨盤の周辺を支えている
  じん帯のゆるみから発生します。

   ○・頻尿
   ○・膀胱(ぼうこう)炎

精神系
  更年期症状でもっとも多く見られるものです。

  年齢的にも、仕事や介護など
  公私ともに色々な問題を抱える時期と重なるため
  ストレスの多い方は特に症状が出やすいです。

   ○・疲労感
   ○・記憶力の減退、判断力の低下
   ○・イライラ、憂うつ、不眠
   ○・頭痛、めまい、耳鳴り


memai


内分泌系
  ホルモンバランスが乱れることによって起こります。

   ○・月経異常
   ○・膣の乾燥、性交痛


その他、卵胞ホルモン(エストロゲン)の不足によって
動脈硬化骨粗しょう症になりやすくなると言われています。


辛いときは1人で悩まず医療機関へ!

それでは最後に、更年期症状の治療について
ご紹介します。

さまざまな不快な症状も
適切な治療によって軽減することができます。

治療が必要かどうかは、本人の意思で決めますが
何か変だと思ったら我慢しすぎずに
早めに医療機関を受診しましょう。

治療としては以下の3つが挙げられます。


 【対症療法
   それぞれの症状に合わせた薬を使って
   苦痛を軽減します。

   精神症状にも効果があり
   睡眠薬や精神安定剤、抗うつ剤などが使われます。

 【漢方療法
   体全体の調子を整える
   という考え方の下に行われます。

   自律神経の不安定状態によく効き
   副作用も少ないので広く使われています。

   漢方は体質によって
   同じ症状でも使う薬が異なるのが特徴です。

   漢方に詳しい医師や薬剤師に
   相談してから服用するようにします。

 【女性ホルモン補充療法
   約半世紀前に欧米で始まった治療法です。
   更年期に不足する女性ホルモンを薬で補うものです。

   当初は卵胞ホルモン(エストロゲン)
   のみの投与でしたが、副作用の問題がありました。

   そして、研究が進められて黄体ホルモン(プロゲステロン)
   も投与されるようになり、現在の療法が確立しました。

   日本では1990年ごろから広まり始めました。

   最近では骨粗しょう症や
   動脈硬化の予防にも有効
だと分かってきました。

   この療法で使われる薬や投与方法は
   人によって異なっています。

   また持病などによって使えない場合もありますので
   十分に事前検査をする必要があります。


このように、最近では
更年期症状を緩和する治療法が多数あります。

辛い症状に悩まされている方は
1人で悩まずに医療機関で専門家のアドバイスを受けましょう。






スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ