熱中症とは?症状や応急処置の仕方は?

桜も散り始め、次第に暖かくなってきました。

気温が上がると気になってくるのが「熱中症」です。

熱中症とは暑い環境の中で発生する健康障害をまとめて呼んだ言葉であり
その中の「熱射病」カテゴリ内に「日射病」が含まれます。

ここでは、熱中症の種類症状気をつけたい人状況などについて
まとめていきたいと思います。

梅雨明けから熱中症は増えていきますので
予防法応急処置についてご紹介していきます!


Sponsored Links

暑い環境下で起こる健康障害をまとめて「熱中症」と呼ぶ

「熱中症」とは暑熱環境で発生する障害の総称であり
熱失神」「熱疲労(熱ひはい)」「熱射病」「熱けいれん
の4つがあります。

まずは、それぞれの特徴について挙げていきたいと思います。

 ・熱失神
  高温の状況下で発汗し、脱水と末端血管の拡張により
  脳への血液の循環量が減ります。

  その結果、突然意識を失います。

 ・熱疲労
  運動の有無にかかわらず、汗を多量にかいた時に
  水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状になります。

  そして、脱力感やめまい、頭痛などの症状が起こります。

 ・熱射病
  体の熱が十分に発散できず、体内にこもってしまうことによって
  中枢機能に異常をきたします。

  そのため体温調節ができなくなり
  高度の意識障害や多臓器不全、時には死も引き起こします。

 ・熱けいれん
  高温の状況下で激しく体を動かし、汗を大量にかいた際に
  水分だけを補給し塩分が不足した状態になることで起こります。

  突然、激しい痛みと手足のけいれんが起き
  特に肉体労働者や運動選手に起こりやすいです。

このほかにも、以前は
「日射病」という言葉もよく使われていました。

日射病とは、熱射病の中で
太陽光が原因となって起こる症状」を指します。


症状が重いときは迷わず医療機関へ!

続いては、万が一熱中症が起きてしまった時の
応急処置についてご紹介していきたいと思います。

ただし以下の3点に当てはまった場合は
すぐに医療機関に連れて行きましょう。
  【こんな症状が見られたらすぐ医療機関へ!
     ・本人の意識がはっきりしていない
     ・自分で水分や塩分が摂取できない
     ・症状が良くならない

これに当てはまらない場合は
適切な応急処置をすれば症状の回復が見込めます

それでは、症状が軽い順に
応急処置の方法についてご紹介していきたいと思います。

 ・熱けいれん
  生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給すれば
  通常は回復します。

 ・熱失神・熱疲労
  涼しい場所に運び、衣服をゆるめて
  寝かせて水分を補給すれば通常は回復します。

 ・熱射病
  直ちに全身に水をかけたり
  濡れタオルを当てたりして体を冷やします。

  また、首筋やわきの下、大腿部の付け根などの太い血管がある場所を
  水やアイスパックで冷やします。

  また、足を高くして手足を末梢から中心に向けて
  マッサージをするのも有効です。

 症状がひどい場合は、すぐに医療機関に運びましょう。




乳幼児や高齢者、スポーツ中や室内に注意!

最後に、熱中症に特に注意が必要なケースについて
まとめていきます。

まず、熱中症になりやすい人についてお伝えします。

一般的には、乳幼児や高齢者
熱中症を起こしやすい傾向にあるとされています。

とくに暑い日や梅雨明けには注意が必要です。

乳幼児は大人より新陳代謝が活発で体温が高いのが特徴です。

しかし、大人と比べて汗腺の発達が未熟なため
体温調節をうまくすることができません。

したがって、炎天下の車の中などでは
短時間で体温が上昇し、生命に危険が及びます。

高齢者は体の中の水分の割合が少なくなります。

そして暑さやのどの渇きを感じにくいため
水分補給が十分にできないという特徴があります。

また、心機能や腎機能が低下しがちであるため
熱中症になったときの症状が重篤化しやすいです。

乳幼児や高齢者のほかには

肥満傾向の人

体調の悪い人

持病のある人

などが熱中症に特に注意が必要です。

続いては、熱中症が起こりやすい状況について
ご紹介したいと思います。

まずは
スポーツ時の熱中症」です。

部活動や野外活動など、10代で多く見られます

運動するときは涼しい時間を選び
こまめに休憩をとったり水分や塩分を補給したりすれば
予防できます。

また、体調が悪いと感じたら
無理をせずに運動をやめることも重要です。

そして、最近多くなってきているのが
室内の熱中症」です。

熱中症が起こるのは炎天下での運動や作業中だけではありません。

お風呂場や洗面所は熱や湿気がこもりやすいので
注意してください。

家の最上階にも熱がこもっているので、最上階を寝室にしている場合は
窓を開けたり冷房をつけたりして環境を整えるのが大切です。

お茶やアルコールには利尿作用があるため
体の中の水分を外に出してしまいます。

そのため、水分補給には食塩水やイオン飲料などが適しています

softdrink

毎年のように、熱中症で死亡するニュースが目に入ってきます。

しっかりと予防法を身につけて暑い夏を元気に乗り切りましょう!




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ