日焼け防止にUVカット帽子はマストアイテム!

春休みやゴールデンウィークに、潮干狩りやキャンプなどの
レジャーを計画している方も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで気になるのが「日焼け」の問題です。

日焼けの原因となる紫外線は、夏に限らず1年中降り注いでいます。

ここでは、日焼けを防止するためにはどうすれば良いかをご紹介しつつ
直射日光による紫外線カットに効果的な「UVカット帽子」の選び方についても
まとめていきたいと思います。


Sponsored Links

UVAとUVBで日焼けの種類が異なる

日焼けとは、「紫外線(UV)」と呼ばれる光線を皮膚に浴びることにより
皮膚が赤く炎症を起こしたり、メラニン色素が皮膚表面に沈着したり
することを指します。

日焼けは一般的に、肌に日光が過剰に当たることによって起こり
紫外線がメラニンの保護能力を超えているときに起こります。

メラニンの成分量は個人差がありますが、一般的には
浅黒い肌の人々は色白の人よりも多くのメラニンを持っているため
日焼けをしにくいと言われています。

紫外線には3種類あり、「UVA(長波長紫外線)」「UVB(中波長紫外線)」
「UVC(短波長紫外線)」があります。

UVCはとても危険な紫外線ですが、地球を覆っているオゾン層を通過できないため
地表にはほとんど届きません。

一方で、UVAとUVBは十分に地表に届きます。

どちらも皮膚がんの原因になると考えられています

日焼けには2種類あり、「サンバーン」と「サンタン」があります。
それぞれの特徴は以下のようになります。

 ・サンバーン
  UVBによって起こる日焼けであり
  皮膚の色が赤くなった状態を指します。

  その際に、紫外線量が
  メラニン色素の防御反応を超えていると
  細胞組織が傷を受けて発熱や水泡、痛みが発生します。

 ・サンタン
  UVAによって起こる日焼けであり
  メラニン色素の生成を促します。

  紫外線を浴びてしばらく経ったとき
  皮膚が浅黒く変色します。

  発赤や炎症を伴うことはありませんが
  しわやタルミの原因になってしまいます。


日焼けを防ぐためには6つのポイントに注意

紫外線は晴れた夏の日だけのものではなく
冬でも雨の日でも降り注いでいます

日本国内でも南に行くほど紫外線の量が多くなると言われていて
札幌と那覇では約1.5倍の差があります。

また、5月から9月ごろにかけて紫外線量が特に多くなります。

したがって、ゴールデンウィークのお出かけの際にも
しっかりと紫外線のケアをしなくてはなりません。

では、紫外線を予防するためには
どういったことに気をつければ良いのでしょうか?

環境省がまとめた「紫外線保健指導マニュアル」によれば
以下の6点ポイントとなります。

 ・紫外線の強い時間帯を避けましょう。
  朝10時~夕方4時ごろまでが
  1日のうちでもっとも紫外線が強い時間帯です。

 ・日陰を利用しましょう。
  ただし、直射日光の当たらない日陰であっても
  空気中で散乱したり地面や建物から反射したりするので
  注意が必要です。

 ・日傘を使い、帽子をかぶりましょう。
  日陰と同様、直射日光は避けることができます
  散乱や反射による紫外線は避けることができません。

 ・袖や襟のついた衣服で覆いましょう。
  「しっかりした編み目を持つ生地」が紫外線を低減してくれます。

 ・サングラスをかけましょう。
  目も皮膚と同様に日焼けをしますので
  サングラスで紫外線をカットしましょう。

 ・日焼け止めクリームを上手に使いましょう。
  肌に密着させるように塗り
  こまめに塗りなおすのが重要です。

  また、日常生活と屋外レジャーなど
  シーンに応じて日焼け止めを使い分けましょう。


こういったことに注意して、紫外線による影響を防ぐのが得策だと言えます。


UVカット帽子を選ぶ2つのポイント

最後に、UVカットの帽子の選び方について
ご紹介していきたいと思います。

前述の通り、帽子や日傘は直射日光による紫外線は防げますが
散乱や反射によるものは防げません。

ですから、帽子だけで紫外線対策をするのではなく
日焼け止めクリームなどと併用しましょう。

一般的な帽子でもある程度の紫外線を遮断することは可能です。

UVカット」の表示があるものを選べば
その効果はさらに高くなります。

帽子を選ぶ際のポイントは2つあり
色が濃いもの」と「つばが7cm以上あるもの」が良いでしょう。

この条件を満たしていないものは
紫外線を遮断する効果が著しく下がってしまいます。

また、首の後ろの日焼けに対応するために
首をすっぽりとカバーできる帽子も販売されています。


uvcuthat


紫外線対策の帽子はデザインだけで選ばず
しっかりと紫外線をカットできるものを選びたいものです。

帽子や日傘で直射日光を遮断
日焼け止めクリームでその他の紫外線をカットすれば
夏の屋外レジャーも日焼けを気にせずに楽しむことができます。

UVカットの帽子を選ぶ際は
2つのポイントをしっかり確認してみてくださいね!




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ