徳島阿波踊り にわか連とは?

徳島県で誕生した盆踊りの一種である「阿波踊り」。
8月になると県内各地で阿波踊りが開催されます。

中でも、徳島市で行われる「徳島市阿波おどり」は全国的に有名で
旅行会社などがツアーを多く企画します。

阿波踊りは見るよりも
実際に参加して踊ったほうが楽しいとされています。

ここでは、阿波踊りに参加する方法の1つ
にわか連」についてご紹介していきます。

Sponsored Links

全国から多くの観光客が集まる徳島の夏の風物詩

「徳島市阿波おどり」とは、徳島県徳島市で
毎年8月12日から15日にかけての4日間行われる阿波踊りです。

阿波踊りは三味線や太鼓などの2拍子に合わせて踊る盆踊りの一種であり
かつて「阿波国」と呼ばれた徳島県で誕生したとされています。

徳島県内では8月になると各地で阿波踊りが開催されますが
中でもこの徳島市阿波おどりの知名度と規模は突出しています。

阿波踊りでは踊りのグループを」と呼んでいます。
徳島市阿波おどりに参加する連の数は1000組を超えるほどで

踊りの技術のある「有名連」や
企業の社員や家族などで構成された「企業連
学生による「学生連」や
気の合う仲間が集まってできた「」など

多種多様な連が存在します。


awaodori4


阿波踊りは見るよりも参加したほうが楽しい!

さて、阿波踊りの有名な囃子詞(はやしことば)に
踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々
というものがあります。

このように、阿波踊りは見るよりも踊るほうが
はるかに楽しいとされています。

阿波踊りに参加するためには、次のような方法があります。

  ○・事前どこかの連に加入する
  ○・当日に「にわか連」に加入する
  ○・おどり広場や街角広場で踊りに加わる

踊り方には基本があるものの、振り付けを覚える必要はなく
初心者でもすぐに楽しむことが可能です。


awaodori2


にわか連に参加するためには?

それでは、2つめにご紹介した「にわか連」について掘り下げていきます。

にわか連に加わるのに、事前の申し込みなどは必要ありません
また、服装自由で参加費も無料です。

有名連の踊り子のレッスンとリハーサルが行われ
その後演舞場へと繰り出します。

集合場所と時間は以下のようになります。

  □・集合時間
  8月12日~15日の午後6時30分と午後8時30分

  □・集合場所
  徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
  元町おどり広場(徳島市元町2丁目)

  □・ハッピの貸し出し
  にわか連は服装自由ですが、阿波踊りの気分を盛り上げるために
  オリジナルハッピの貸し出しを行っています。

  niwakaren

  貸し出し場所徳島市役所市民広場
  阿波おどり総合案内所(徳島駅前)2ヶ所です。

  ハッピは毎日先着250人限定で貸し出され
  貸し出しおよび返却時間は午後6時~午後10時となります。

  貸出料は無料ですが、預かり金として1枚3000円が必要となります。
  そして、返却時にはクリーニング代を除いた2500円が返金されます。

  □・問い合わせ先
  徳島市観光協会(088-622-4010)

徳島の夏の風物詩として知られる「阿波踊り」に
ぜひ皆さんも参加してみてくださいね!

にわか連に加入してハッピを着て踊れば
夏休みの良い思い出になること間違いなしです。




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ