七五三はいつ?数え年や早生まれ、男の子と女の子ではどう違う?

子供が産まれると初めての経験が沢山ありますよね。
その中でも七五三は子供の晴れ舞台でもあり
成長を著しく感じる事の出来るビッグイベントです!

けれど実際は知らない事も多く、今更人には聞けないし…
と思っている方は多いのではないでしょうか。

まず七五三はいつやるものなのでしょうか。

お参りの時期と男の子と女の子のお祝いをする年齢は?
歳は数え年でやるのでしょうかそれとも満年齢でしょうか?
早生まれの場合は?
そもそも七五三は何の為の行事なのでしょう?

いろいろな疑問の答えを調べてみました。

Sponsored Links

七五三の起源と男の子、女の子のお祝いの年齢

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代の武家社会を中心に
関東から全国に広まったそうです。

当時は乳幼児の死亡率が高く、七五三は幼児から少年、少女期まで
無事に成長した感謝と成長の節目に長寿を願うものだったのです。

Q・七五三にお祝いする男の子と女の子の年齢は?
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳のところが多いようです。
地域や家によって一様では有りません。

3歳は男女とも髪を伸ばし始める《髪置》
5歳は男の衣服である袴を着る 《袴着》
7歳は女の子の着物帯の装い始め《帯解》


男の子は5歳がメインとされ3歳は写真のみ
もしくはやらない家庭も多いみたいです。

Q・実際に七五三を行う年齢は数え年それとも満年齢?
昔は数え歳で行うのが主流でしたが
今は都心部や都市圏を中心に満3.5.7歳で行う家庭が増えてきています

Q・早生まれはいつ行うの?
早生まれの七五三はすごく悩むと思いますが
これも特別な決まり事がある訳ではなく、数え歳でも満齢でも良いです。

しかし実際に早生まれのお子さんが「数え」で七五三を行うには
年齢が幼い分すごく大変そうですし、家庭内のこだわりがなければ
「満」でいいと思います。

例)2014年2月生まれの場合
数え歳 2016年11月(2歳9ヶ月)
満3歳  2017年11月(3歳9ヶ月)

この時期の1歳差はかなり大きいです。

明治神宮の七五三です。着物はかわいいですね。





七五三の時期はいつ?

七五三は主に11月15日に行われます。
11月15日になった由来はいくつかありますが、旧暦の15日は
二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉
とされていたという説が一般的とされています。

Q・11月15日じゃないとダメなの?
最近では混雑を避けて10月中旬から11月前半の土日祝日や吉日を利用して
お祝い、お参りする傾向にあり、必ずしも11月15日に行わなければ
という感じでもなさそうです。
小さい子供を連れて混雑した神社に出向くのも大変ですからね。

今年来年の七五三の暦です。

2014年11月15日(土)先勝
   11月16日(日)友引

2015年11月14日(土)赤口
   11月15日(日)先勝



七五三までにしておく事
七五三当日は足袋や下駄を履かせるので早いうちに靴下などで履く練習を
しておくと良いでしょう。子供にとっても初めての経験は不安になりやすく
普段からの習慣で当日よりスムーズに進める事が出来ると思います。

夏に浴衣や草履または鼻緒を挟むタイプのサンダルなどで
練習するのがお薦めです。



omiyamairi



七五三お参りの初穂料と神社の決まり事

基本的に住んでいる地域の氏神様にお参りに行くとされていますが
どうしてもこの神社にお参りに行きたいという場合はそれでも構いません。

ですが、慣れない着物や草履を履いた子供の負担や体力を考えると
やはり地元の神社が無難ではないでしょうか。
時間帯は六曜にもよりますが、明るいうちにお参りしましょう。


お参りの仕方
まず神社の社頭にある手水舎にある柄杓で、左手→右手の順に手を洗います
次に口に水を注ぎ身を清めます
この時くれぐれも柄杓を直接口につけない様に気を付けましょう。



cyouzusya



続いて神前に進みお賽銭を投げ、静かに両手で鈴を鳴らします。
二礼二拍一礼で手を合わせて祈願しましょう。

因みに七五三のお祓いをお願いした謝礼で納める金銭を
《初穂料(はつほりょう)》といいます。
神社によっては《玉串料(たまくしりょう)》といわれています。

初穂料の相場は5000円~10000円くらいで
「初穂料は5000円から」と予め金額を決めている神社もあります。

初穂料は七五三のお参りを受付している社務所などで、受付時に納めます。
事前に祈祷の予約や初穂料の金額等を電話で問い合わせしておくと良いでしょう。

少子化が進み地方が過疎化していく中
こういった古き良き伝統行事は形を変えつつも受け継がれていくと良いですね。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ