仙台七夕祭りの飾りとは?花火は前夜祭?

宮城県仙台市で開催される「仙台七夕まつり」は
毎年200万人を超える観光客で賑わいます。

毎年、8月6日~8日に行われる行事で、長い歴史を持っています。
ここでは、仙台七夕まつりの歴史や特徴
前日に行われる花火大会などについての情報を
お届けしていきたいと思います。

GWが終わって、次は夏休みの計画を練っている方も多いと思います。
今年の夏は仙台で、豪華な七夕まつりを体験しませんか?

Sponsored Links

戦争などで衰退したものの現在では200万人以上が訪れる

「仙台七夕まつり」とは、宮城県仙台市で開催されている行事であり
長い歴史を持っています。
例年、七夕の月遅れである8月7日を中日として
8月6日から8日の3日間にわたって行われ
200万人ほどの観光客で賑わいます。

アーケード街や仙台駅周辺などで大規模な飾りつけがされ
それ以外にも商店街や家庭など市内各地が七夕一色になります。

sendaitanabata


まずは、仙台七夕まつりの歴史について見ていきましょう。

江戸風の七夕を取り入れた仙台では
七夕まつりのことを「たなばたさん」と呼んでいました。

伊達政宗は七夕に関する和歌を8首詠んでいたため
すでに七夕の行事を採り入れていることが分かります。

しかし、明治時代に入ると仙台のみならず
全国的に七夕まつりが衰退していきます。
新暦採用や第一次世界大戦後の不景気といった理由から
規模が小さくなっていきました。

その流れが大きく変わったのは昭和2年のことでした。
不景気を吹き飛ばそうと商家の有志たちが華やかな七夕飾りを復活させ
多くの人で街が賑わいました。

そして、翌年には元来旧暦の行事であった七夕まつりを
新暦の月遅れである8月6日、7日、8日の3日間に行うことになりました。
第二次世界大戦中には七夕まつりが再び衰退しましたが
戦後はスケールの大きい七夕まつりとして、全国的に有名になっていきました。


「豪華絢爛」と「七つ飾り」が特徴

続いては、仙台七夕まつりの特徴について2つの視点からご紹介します。
まずは、「豪華絢爛」であるということ。

七夕飾りの笹飾りは、毎年新しく手作りされます。
1本の価格が数十万~数百万円もすると言われています。

そして、もうひとつの特徴は「七つ飾り」です。
仙台七夕まつりには欠かせない存在で
商売繁盛や無病息災などの願いを込めて飾られています。

それぞれについて、簡単にご紹介します。

  □・紙衣(かみごろも)
    棚機女(たなばたつめ)が織り、神に捧げたという衣で
    七夕竹の一番上に吊るします。
    裁縫の腕が上がるようにとの願いを込めています。

  □・折鶴  家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願うものです。
  □・短冊  学問や書などの上達を願うものです。
  □・投網(とあみ) 仙台近海の豊漁を祈願して飾られます。
  □・屑篭(くずかご) 飾り物を作り終えた「くず」を拾い集めたもので
            物を粗末にしない心を育てるものです。

  □・巾着  節約や貯蓄の心を養うものです。
  □・吹き流し 織姫の織り糸を象徴し、飾りつけの主役となるものです。


8月5日には仙台市内で花火大会が開催

さて、仙台七夕まつりの前日である8月5日には
仙台市で「仙台七夕花火祭」が行われます。

これは仙台七夕まつりとは主催者が違うため
公式には別の祭として扱われています。

しかし、実際には仙台七夕まつりの「前夜祭」として見なしています
例年1万5000発程度の花火が打ちあがり、約50万人の人出があります。

仙台七夕まつりは団体ツアーの県外客が多いのに対し
こちらの花火は仙台市民が多く訪れます。

GWが終わり、夏休みの計画について考え始めた方も多いのではないでしょうか。
仙台七夕まつりを見に行こうと考えている方は、5日の花火も訪れてみては?





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ