和歌山港まつり花火大会2014 日程と協賛席・穴場スポット

和歌山県にある和歌山港では、港の安全を祈願
港に対する関心を多くの方に持ってもらうため
港まつり」を毎年開催しています。

このイベントでは港に浮かぶ台船から花火が打ちあがり
スターマインなどの仕掛け花火は特に見逃せないポイントです。

ここでは、花火の日程や個人協賛席の詳細
穴場スポットなど
についてまとめます。

Sponsored Links

多くの方に親しまれる和歌山港の夏の風物詩

紀伊半島の西側に位置する「和歌山県」では梅やみかん栽培が盛んです。
県内にある和歌山港では毎年、「港まつり」を開催しています。

これは港の安全を祈願し、港に対する関心を
多くの方に持ってもらうために行われています。

ここでは、港まつりの花火大会情報に関してご紹介していきます。

この花火大会では和歌山港に浮かぶ台船から
花火が打ち上げられるのが特徴で
菊花園やスターマインなどの仕掛け花火が見所となります。

まずは、和歌山港まつり花火大会の日程や会場などについて
まとめていきたいと思います。

第62回港まつり花火大会
 ○・開催日時
   2014年7月27日(日)
   20時~21時
   ※荒天時は7月30日(水)に順延

 ○・会場
   和歌山港 中ふ頭 万トンバース

 ○・打ち上げ数
   約3000発

 ○・昨年の観客数
   15万人

 ○・アクセス
   南海電鉄・和歌山港駅から徒歩10分

wakayamahanabi

   ※会場には駐車場がありませんので
    公共交通機関か自転車で来場しましょう。


協賛金を払うと協賛席に招待される

さて、港まつり花火大会は
長年、和歌山の夏の風物詩として多くの方に親しまれています。

しかし、収入の減少と必要経費の増加によって
今後の運営が危ぶまれています。

そこで、この花火大会では企業や個人の方から協賛金を集めています。

いわゆる「有料観覧席」はありませんが
協賛金を支払えば「協賛席」に招待されます。

ここでは、個人の方が協賛する場合の流れについてご紹介したいと思います。

 □・協賛金
   1口2000円
   ※1口につき個人協賛席1席分となります。
   ※小学生未満の子供は、大人1人につき1名同伴可能です。
   ※先着1000口までとなります。

 □・申込期間
   2014年5月7日(水)~7月8日(火)

 □・申し込み方法
   ※以下のいずれかの方法で申し込みできます。

   (1)各支所・連絡所・サービスセンターにある申込書に
     記入の上、申し込み。

   (2)市役所10階 商工まちおこし課にて申し込み。
   (3)公式HPの専用フォームから申し込み。
    
    申し込み後、指定口座へ協賛金を振り込み
    その後、7月上旬に招待券が送付されます。

 □・注意事項
   協賛席内は自由席であり
   シートや椅子も各自で用意する必要があります。

   荒天などの理由により花火大会が中止になった場合でも
   協賛金は返金されません。

   テーブルの持込は禁止です。

   個人協賛は1000口限定ですので
   間近で花火を見たい方はお早めにどうぞ!


混雑が苦手な方は少し遠くから見るのがオススメ

それでは最後に、和歌山港まつり花火大会の
穴場スポットについてご紹介したいと思います。

■・県民文化会館立体駐車場の屋上
  会場から離れているため迫力には欠けるものの
  混雑しにくいです。





■・秋葉山公園県民プールの階段
  「どうしてもくるまで行きたい!」
  という方にオススメの穴場です。

  秋葉山に登りきらず
  階段付近で観賞するのが良いでしょう。





会場付近は交通規制が行われ、駐車場もほとんどありません。

したがって、どうしても車で行きたい方は
少し離れた場所から観賞するのがオススメです。





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ