縄文杉で有名な屋久島!ガイドツアーに参加する旅をご提案!

1993年にユネスコの世界遺産登録がされてから早20年。
屋久島は日々、新たな魅力を私たちに届けてくれています。

一度は行ってみたい縄文杉、入山規制があるの?

登山未経験だけど大丈夫?
家族旅行にどうかな?

屋久島について、少しずつ紹介しますね。


Jomon Sugi 07
By Σ64 (投稿者自身による作品) [GFDL or CC-BY-3.0], via Wikimedia Commons
屋久島の縄文杉(鹿児島県屋久島町)


街の様子

鹿児島県の南方にある島
屋久島は、人口16,000人が生活しています。

島の大部分は山岳地帯で
標高1,000mを超える山々が45以上もあり
洋上アルプス」とも言われています。

海岸沿いは平坦で
そこに集落があり
人々が生活を営んでいます。

天候については
とにかく雨が多いところです。

年間の降水量は、国内平均降水量の2~3倍以上
(東京が年間2000ミリ程度、屋久島の里地では4300ミリなど。)で
山岳部はもっと降ります。
(頂上付近では10,000ミリに達します。)

降水は5月から8月に集中していますが
そのほかの季節も
里では2日に1日、山では3日に2日雨が降る
と言われています。

この多雨のおかげで
島の電力はほぼ水力発電となっています。
(渇水時はディーゼル発電も使われることがあります。)

クリーンエネルギーということで
国内外問わず、さまざまな環境イベントが行われてもいます。

最近では、BMWの新車(エコカー)の試乗会が屋久島で行われ
大きな話題となりました。

亜熱帯気候のため、気温は年平均20度と温暖気候ですが
山岳部は標高が高いので積雪もみられます。

多雨、標高差に伴う気温の差
これが最大の特徴です。

そのため島には温帯から亜寒帯までの
さまざまな植物
がみられます。

海岸線ではガジュマルも見られますが
山岳地帯では杉(いわゆる屋久杉)もみられるというわけです。

多雨の影響は川の流れにも関係します。

急峻な山々から大量の流れを生むため
深く渓谷が刻まれ
そこから発達した滝がたくさんあります。

これらの独特な条件により
屋久島の自然が営まれているのです。

たっぷりの雨にぬれて輝く
生き生きとした緑
生命力にあふれる山々が思い浮かびます。


Sponsored Links

アクセス

大阪伊丹空港、福岡空港からは屋久島への直行便が出ています。

それ以外は鹿児島発着の飛行機
フェリーで行くことになります。

飛行機では30分
フェリーは1時間45分から13時間までさまざまあります。

時間がある人はフェリーで一泊というのもいいと思います。

眼前に近づく屋久島を、海の目線から眺めることで
まさに洋上アルプスそのものを体感できるでしょう。

また何十頭というイルカの大群に会えることもあるそうです。

屋久島は、気候やアクセスの面からいうと
子連れ旅行というよりは
「雨にぬれても大丈夫で、その時々の自然環境に適応できる、
しようとする人」向きの旅先ともいえますね。


エコツアー、ガイドツアーに参加する

世界遺産登録されてからの屋久島は
外部からの変化を受けることを、余儀なくされています。

近年観光客が増え、その結果、排泄物の処理やごみ等の問題
マナーの問題が上がっていることもご存知の方は多いと思います。

解決策としては行かないという選択肢もあるでしょうが
それでは前に進むことができません。

ここで、新しい旅のスタイルとして
ガイドツアーに参加する旅」を提案します。

自分の計画でまわり、自分の視点で見るのではなく
ガイドの話を聞いたり、一緒に過ごしたり
自分ではない人を受け入れる旅」をすることで
感じる空気や見えてくる景色はまったく別のものになります。

何より、地元の人が日々感じていることを教えてもらうことで
屋久島に対する正しい知識も身に付きます。

ライフスタイルを見直すきっかけもできるかもしれません。
そんな旅先に、屋久島は本当にぴったりの場所だと思います。

屋久島には、たくさんのツアー会社や団体があります。

里めぐり推進協議会
 http://www.yakushima.jp/about/

屋久島ガイド協会
 http://www.yakushima-guide.com/

女性ガイドによる屋久島エコツアー なないろの虹
 http://www15.ocn.ne.jp/~yakuniji/

グリーンメッセンジャー屋久島
 http://greenmessenger-yakushima.com/

など・・・。

いずれも少人数対応、フリープランありなど
さまざまな特典がありますので
ご自分にマッチするツアーを選ぶのがよいでしょう。

実際に現場を知るスタッフからのアドバイスは
とても参考になります。

天候に左右されやすい屋久島旅行ですが
逆にその天候にふさわしいスポットに出会えるチャンスです。

豊かな自然
そんな言葉では言い表せないほどの魅力を持つ屋久島。

雨が多いということは
虹を見られることも多いそうですよ。

これからも何十年と多くの人たちが
そこで希望の虹を見ることができるようにと思っています。


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ