徳島阿波踊り 日程と有料演舞場チケット

盆踊りの1つであり、三味線や太鼓などに合わせて踊る「阿波踊り」。

これは、徳島県が発祥であるとされていて
夏になると県内各地で阿波踊りが開催されます。

その中でも特に規模と知名度で突出しているのが
徳島駅周辺で行われる「徳島市阿波踊り」です。

毎年、多くの観光客を集める一大イベントであり
旅行会社が多くのツアーを企画します。

徳島市阿波踊りをゆっくり楽しむための
チケット情報」を中心にご紹介します。

Sponsored Links

四国三大祭りの1つとされる「徳島市阿波踊り」

「徳島市阿波踊り」とは、徳島県徳島市において
毎年8月12日~15日4日間開催される阿波踊りのことです。

そもそも、「阿波踊り」とは徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りで
日本三大盆踊り」の1つとして知られています。

三味線や太鼓などの2拍子の伴奏によって
」と呼ばれる踊り手の集団が踊り歩くのが特徴です。

また、徳島市阿波踊りは高知県高知市の「よさこい祭り
愛媛県新居浜市の「新居浜太鼓祭り」とともに「四国三大祭り」として有名です。

徳島県は阿波踊り発祥の地であるため
毎年、全国から多くの観光客が集まり、旅行会社がツアーを多く組みます。

阿波踊りの開演は午後6時で、徳島駅南側の繁華街一帯が
5時間に渡って歩行者天国となります。

昼間は市内のホールで公演が行われるほか
夕方になると公園などでリハーサル風景を見ることができます。

市内のホールでの公演も行われます。


awaodori1


ゆっくり見たい場合は有料演舞場がオススメ!

続いては、徳島市阿波踊りの会場についてご紹介します。

演舞場には桟敷席が用意されていて
チケット購入が必要な有料演舞場と無料の演舞場とがあります。

大通りが約100mに渡って演舞場となり
出場する連が途切れなく一方通行で踊りながら来ます。

歩道に当たる場所には大型の観覧用座席(桟敷)が設置されます。

 ■・選抜阿波おどり
  徳島市立文化センター、あわぎんホール
  (県郷土文化会館)のステージで行われます。

  有名連が参加し、その年の最優秀賞の踊り手が決まります。
  最優秀賞に輝いた踊り手は、翌年の阿波踊りのポスターに掲載されます。
  また、ショーならではの演出が施されるので
  ほかの会場とは一味違った踊りを満喫できます。

 ■・有料演舞場
  市役所前演舞場や、紺屋町演舞場などがあります。
  スケールが大きく、有名連が多く出場します。
  こちらは時間で区切った2部入れ替え制となっています。

 ■・無料演舞場
  有料演舞場に比べて桟敷席が低いため、間近で踊りを見ることができます。
  入れ替え制ではなく、また席が少ないために混雑しやすいのが難点です。



2014年のチケット料金は増税の影響があるかも…!?

最後に、徳島市阿波踊りのチケット情報についてまとめたいと思います。
2014年の情報はまだ出ていませんので、昨年の情報についてまとめます。

消費増税の関係で、チケット料金などは変更する可能性がありますが
基本的なところは変わらないと考えられます。


 ○・有料演舞場チケット
   S席(指定席):前売り1800円、当日2000円
   A席(指定席):前売り1600円、当日1800円 
   B席(指定席):前売り1400円、当日1600円
   C席(自由席):前売り 800円、当日1000円

 ○・選抜阿波おどり大会チケット
  8月11日(前夜祭) アスティとくしま
   指定席:前売り2000円、当日2200円
   自由席:前売り1500円、当日1700円

  8月12日~15日 徳島市立文化センター・あわぎんホール(1会場分の料金)
   指定席:前売り1800円、当日2000円
   自由席:前売り1300円、当日1500円

これらのチケットは、チケットぴあ・ローソンチケット・イープラスで
7月1日から購入可能です。

当日券は数に限りがありますので
前売りで買っておいたほうが安心だと思います。

ゆっくりと質の高い踊りを見たい方は
有料の席で観賞するのが絶対オススメです!



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ