旭川冬まつり

寒い北海道の、そのまた寒い旭川。
ですが、寒いからこそわざわざ訪れる価値のあるお祭りが
旭川冬まつりです。
そんな旭川冬まつりの魅力を見ていきましょう。

Sponsored Links


旭川冬まつりとはなんでしょう?

2015年には第56回を迎える、「旭川冬まつり」は
平成6年には、世界で最も大きな雪の建造物としてギネス記録にも認定されました。

それ以外にも、大きな雪の滑り台や、雪像製作を体験するなど
雪国ならではの楽しいイベントが盛りだくさんです。

毎年、オープニングイベントとフィナーレイベントには
ステージでのショーや雪でつくる世界最大の建造物からの花火の打ち上げ

そして、開催期間中毎日様々なアーティストによる歌やダンスのショーや
来場者みんなで参加できるクイズイベントなど
毎日日替わりでイベントが準備されています。


asahikawahuyumatsuri



氷彫刻世界大会とはなんでしょう?

旭川冬まつりで開催される氷彫刻の世界大会は
日本で唯一の氷彫刻の公式国際大会です。

約三日間にかけて彫刻され、完成したものをライトアップし
美しさを競います。

個人の部と団体の部があり、申請すればどなたでも参加ができます。


asahikawahuyumatsuri1



見どころ・入場料・駐車場・アクセスなどについて

2015年は、2月6日(金)から2月11日(水)まで、開催されます。
入場料は無料。

JR旭川駅前からメインストリートで道路を封鎖して
氷彫刻の世界大会が行われます。

駅前の大通り3本、全てがイルミネーションで彩られます。
ステージショーや大雪像などのメインイベントは
常盤公園で開催されます。

この常盤公園場では市内の主要場所から
無料シャトルバスで送迎が実施されます。

メインステージの常盤公園まで
JR旭川駅から徒歩20分ほどです。
氷彫刻を見ながら歩いて行くのもお勧めです。

会場内に駐車場はなく
また、道路も封鎖されている場所が多くありますので
お出かけの際は公共の交通機関を利用するようにしましょう。

また、2月の初めから
旭川冬まつりに来場する人をお出迎えする
「ウェルカム雪だるま」の製作が始まります。

公式ホームページから申請書をダウンロードすれば
申込むことができますが、先着順ですので
興味のある方はお早めに申し込みましょう。
旭川冬まつり公式ホームページ
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kankou/awf/











周辺で楽しめるところについて

もちろん、旭川冬まつり以外にも楽しめるところが周辺にはたくさんあります。
そのうちのいくつかをご紹介します。

旭川市科学館「サイバル」
宇宙と地球、そして北国がテーマの市立科学館「サイバル」は
体験型の科学館です。

時間を決めてサイエンスショーやプラネタリウムなどを実施しており
一日居ても飽きない作りになっています。

JR旭川駅からバスで5分、駐車場もあります。
入館は無料ですが、常設展やプラネタリウムの観覧は
大人は400円、中学生以下は無料です。

旭川市科学館 サイパル
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kagakukan/






旭川動物園
旭川から全国的に一大ブームを巻き起こした「旭川動物園」は
動物の形態ではなく動物の行動や生活を展示する動物園です。

ペンギンのプールを下からも眺められるようになっていたり
トラやライオンなどの肉食動物も自然に近い形で
自由に動き回れるようになっていて
動物たちの食べる、遊ぶ、泳ぐといった
自然な活動の様子を観察できるのが特徴です。

また、ペンギンやアザラシやチンパンジーの目線で
どのように何を見ているのかがわかるライブカメラを設置し
スマートフォンなどから24時間動物の動きを知ることができる映像を
配信しています。

旭川市旭山動物園
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/





北国の冬ならではのイベントを楽しみに
旭川に訪れてみるのはいかがでしょうか。

旭岳温泉などの、温泉施設や宿泊施設もありますので
ゆっくり滞在することもできます。


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ