湘南平塚七夕祭り2014 日程と花火は?

神奈川県平塚市は、昭和20年の大空襲によって
壊滅的な被害を受けました。

しかし、そこからの復興は早く、昭和25年になると
「復興まつり」が開催されるほどでした。

そして、その翌年の昭和26年には
第1回七夕まつりが開催されました。

初回はのべ10万人ほどの人出だったものの
ピーク時には300万人を超え
日本を代表する祭りの1つとなりました。

ここでは、七夕まつりの歴史や
平成26年の開催概要などをまとめていきます。

Sponsored Links

戦後復興策の1つとして始まった「湘南ひらつか七夕まつり」

湘南ひらつか七夕まつり」とは
神奈川県平塚市で行われる祭りであり
「関東三大七夕祭り」の1つとされています。

開催日程は年によって異なりますが
7月7日と土日を挟んだ前後数日間に多く行われていました。

しかし、最近では最終日を日曜日にするため
本来の七夕である7月7日に被らない年も
出てくるようになりました。

まずは、この七夕まつりの歴史について
お伝えしたいと思います。

平塚は海軍火薬廠(かやくしょう)があったことから
昭和20年7月の大空襲で壊滅的な打撃を受け
中心市街地の約70%が焼け野原と化してしまいました。

しかし、その後の復興は早く
昭和25年7月に「復興まつり」が開催されました。

この祭りが非常に盛況であったことから
平塚商工会議所や平塚市商店街連合会が中心となって
翌年7月に第1回七夕まつりを開催しました。

昭和32年の第7回七夕まつりからは平塚市の主催となり
現在では日本を代表する七夕まつりに成長しています。


祭りの一番の特徴は、豪華な七夕飾り

湘南ひらつか七夕まつりは
第1回の開催ではのべ10万人の人出がありました。

ピーク時にはのべ300万人の観光客で賑わい
昨年は170万人ほどを動員しました。

ひらつか七夕まつりの特色としては
活発な商業力に裏付けられた七夕飾りの豪華さです。

仙台などは七夕飾りが和紙で作られていますが
平塚の飾りは、ソフトビニール製で電飾が施されています。
夜も楽しめるところが他と違っている点です。

開催期間中は、中心街には約500本、特にメイン会場である
湘南スターモール」では豪華な飾りが通りを埋め尽くすほどです。


hiratsukatanabata


中には10mを超える大型の飾りもあり
活躍中のスポーツ選手や人気の動物キャラクターなどを
取り入れた飾りが登場するのも大きな特徴と言えます。

また、七夕飾りのみならず、パレードや花火など
数々の催し物が繰り広げられ
日本を代表する夏の風物詩として定着しています。

また特筆すべきことに屋台の数の多さがあります。


交通規制がかかるので、公共交通機関での来場が◎

平成26年第64回湘南ひらつか七夕まつり
概要をお伝えします。

・開催日  
  平成26年7月4日(金)~7月6日(日)

・開催地  
  JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域

・開催時間 
  午後9時まで、最終日は午後8時まで

・入場料 無料

・花火
  昨年は最終日の7/7の夜9時から打ち上げられましたが
  今年度は未定です。

・交通アクセス
  □・公共交通機関の場合
   JR平塚駅北口から徒歩2分
   東京駅からJR東海道本線で約60分
   新宿駅からJR湘南新宿ラインで約65分
   小田急線・本厚木駅から神奈中バスで約40分

  □・自家用車の場合
   東名高速道路・厚木ICから約30分
   小田原厚木道路・平塚ICから約20分

  □・無料駐車場
   相模川河川敷(平塚競輪場東側)に開設予定です。

  □・シャトルバス
    無料駐車場から平塚駅南口まで運行されます。
    運賃大人片道100円
      子供   50円となります。

七夕まつり開催中は会場周辺の道路が交通規制となりますので
公共交通機関での来場が望ましいです。



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ