祇園祭 宵山の楽しみ方2014

祇園祭とは、京都で古くから行われている
八坂神社の祭礼のことです。

7月1日から31日にかけて、1ヶ月の間に
さまざまな行事が行われるのが特徴です。

その中でも、14日から16日に行われる「宵山」は
一番の見所とも言える行事であり多くの方が祭に向かいます。

宵山の楽しみ方を中心に
祇園祭についてまとめてみます。

Sponsored Links

7月を通して行われる京都三大祭の1つ「祇園祭」

八坂神社の祭礼である「祇園祭」は
京都三大祭の1つとして数えられ長い歴史があります。

7月1日から31日にかけて
様々な行事が行われるのが特徴です。

7月1日には「吉符入(きっぷいり)」
と呼ばれる行事が行われ祭が始まります。

その後、2日には「くじ取り式」が行われ
17日に行われる山鉾巡行の順位を決めます。

14日~16日には「宵山」が行われ
祇園祭の一番の見所とも言えます。

ちなみに、16日のみを「宵山」と呼ぶ場合もあります。

その後、31日には「疫神社夏越祭」が行われて
祭が終了となります。

さて、14日~16日に行われる宵山について
詳しくご紹介していきたいと思います。

山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り
祇園囃子の音とともに祭を盛り上げます。

gionmatsuriyoiyama


例年たくさんの人々で賑わい、町は祭り一色となります。

また、この期間は歩行者天国になりますので
車を気にせずに祭を楽しむことができます。


宵山にはいろいろな楽しみ方がある

続いては、宵山を楽しむポイントについて
少しご紹介していきたいと思います。


 ■・山鉾を鑑賞する
   祇園祭では「山」や「鉾」と呼ばれる山車が
   計32基登場し「動く美術館」とも称されます。

   じっくり鑑賞したい場合は
   昼間のほうがオススメです。
 
 ■・浴衣を着る
   宵山では子供から大人まで多くの人々が
   浴衣を着て祭を訪れます。

   京都のカップルにとっては
   宵山のデートはクリスマスのデートに匹敵するくらい
   大きなイベントだと見なされています。

   おしゃれな浴衣に身を包んで祭を歩くのは
   きっと思い出になることでしょう。

 ■・厄除けの粽(ちまき)を買って鉾に登る
   祇園祭では、粽と呼ばれる
   笹で作られたお守りがあります。

   山鉾ではこの粽を購入するか入場料を支払えば
   山鉾に登ることが可能です。

   持ち帰った粽は翌年の宵山まで
   家や職場の戸口の上部に飾ります。

 ■・八坂神社で伝統芸能を鑑賞
   少し距離が離れますが、八坂神社では
   期間中に様々な伝統芸能が奉納されます。

   舞や茶道、邦楽の演奏などの伝統芸能を
   無料で鑑賞することができます。

 ■・夜店めぐりをする
   宵山ではたくさんの夜店が出ます。

   祭を見ながら美味しい物を食べるのも
   楽しみの1つだと思います。

 ■・お土産を買う
   祇園祭限定の商品や限定品なども
   多数用意されています。

   記念に買うのも楽しいです。



京都駅から会場へは地下鉄や市バスが便利

最後に、宵山の会場へのアクセス方法について
ご紹介していきたいと思います。

京都駅から市バスと地下鉄で行くことができ
それぞれの行き方は以下のようになります。

 ○・市バス
   市バス5、17、205系統に乗車し
   四条河原町バス停で下車。

 ○・地下鉄
   京都市営地下鉄・烏丸線に乗車し
   烏丸四条駅で下車。

   そこで、阪急電鉄・京都線に乗り換えて
   河原町駅で下車。

2014年は14日~16日が平日ですので
昨年と比べると人出は少ないと予想されます。

日本の代表的な祭である祇園祭を
ぜひ間近で体験してみてくださいね!





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ