青春18きっぷの使い方は?販売時期と値段、利用ルールなど

冬休みが終わりましたが、
学生の方々は既に春休みの旅行に向けて
計画を進めているのではないでしょうか。

列車での旅をお得に楽しむ乗車券として、
青春18きっぷ』があります。

これは学生の休みに合わせて発売されますが、
どんな年齢の方でも使用可能な乗車券です。

ただし、販売期間や使用期間、
払い戻しのルールを知っておかないと、
損をしてしまう可能性があります。

ここでは、青春18きっぷの使用法や注意点についてまとめます。


学生以外も使える、5回セットの乗車券

『青春18きっぷ』とは、
旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車、快速列車が
1日乗り放題となる乗車券のことです。

ただし、販売および使用期間が限定されていることに注意が必要です。

これが最初に誕生したのは1982年3月1日であり、
当時の日本国有鉄道(国鉄)旅客局が増収策の一環として
『青春18のびのびきっぷ』を企画・発売しました。
そして、1983年春季発売分から現名称へと変更しました。

これは主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を
利用期間として発売されるものであり、
原則として新幹線・特急・急行を除く
旅客鉄道会社全線の列車(運賃のみで乗車できる列車)に
乗車することが可能です。

販売価格は5回(人)分で11500円です

主として学生向けの商品として企画されましたが、
利用者の年齢制限はなく
小児料金の設定もないことが特徴
です。

また、JRホテルグループの予約センターに宿泊を申し込み、
当日現地で青春18きっぷを提示すると
宿泊料金の割引などが受けられるなど、
一部で特典が設けられています。

全国のJRの主な駅及び
主な旅行会社の支店・営業所で購入できます。


青春18きっぷの利用ルールとは?

続いては、青春18きっぷの利用法について
詳しく見ていきましょう。

前述の通り、青春18きっぷは
学生が長期休暇に入るのに合わせて発売されています。

具体的には以下のようになります。

【発売・利用期間】
春季
発売期間:2月20日~3月31日
利用期間:3月1日~4月10日

夏季
発売期間:7月1日~8月31日
利用期間:7月20日~9月10日

冬季
発売期間:12月1日~12月31日
利用期間:12月10日~1月10日

4月下旬から5月上旬にかけての
ゴールデンウィークは利用期間に含まれていません。
しかし発売初期には、
春季用の有効期間が長かったために
その期間を含んでいた時代もありました。

【払い戻しなどのルール】
利用期間内で5回とも未使用の場合に限り、
取り扱い箇所で払い戻しを受けることができます

利用期間が終了した後は
全て未使用でも払い戻しを受けることができないので、
注意が必要です。

また、列車の運休や遅延など、
いかなる理由でも一度使用開始した回(日)の取り消しを行うことはできず、
払い戻しや利用期間の延長ができません。

また、利用期間が終了したきっぷは
5回使用していなくても無効
となり、
次の利用期間にまたがって使用することはできません。

【使い方】
青春18きっぷ1枚で、利用可能期間中の任意の日に
5回(人)まで利用できます。

また、5回(人)分は一度に使用しなくても良いので、
1人で5回使用することも1日に5人で同時に使用することも可能です。

ただし、複数人で使用する場合は
入場・出場時は集団で行動することが原則となります。

また、改札と通るときに自動改札機を使うことはできません。

きっぷの券面には乗車日記入欄が5箇所設けられていて、
改札印の押印などによる日付の記載により、
使用開始を示す方式
を採っています。

各回とも最初に乗車する際、有人駅の場合は改札の駅員に、
無人駅においては乗車した列車の車掌や運転士にきっぷを見せます。


seisyun18


1回分は原則乗車日当日限り有効で、
その日の0時から24時までの間であれば、
何度でも乗降や途中下車が可能
です。

また、日付をまたいで運転する列車については、
0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。
ただし、東京や大阪近郊では0時を過ぎても、
終電まで有効という区間もあります。


少ししか使わないなら、『金券ショップ』という手も…

青春18きっぷは、例外はあるものの
列車が乗り放題になるという魅力的な乗車券です。

しかし5回セットで購入しなくてはならず、
中途半端に回数が残ってしまっていると払い戻しができません。

このことから、青春18きっぷを窓口では買わずに
ほかの方法でゲットしている方が多くいます。

その方法とは…『金券ショップ』です

多くの金券ショップにおいて青春18きっぷを取り扱っていて、
嬉しいことに1回~5回までのバラエティーに富んだ
青春18きっぷを購入することができるのです。

つまり、7人で日帰り旅行したい場合は
5回分と2回分のきっぷを買えば無駄になりません。

ただし、1~4回券は5回券よりも割高で販売されていることが多いです。
ある金券ショップでは、以下のような値段設定になっていました。

・5回券:11300円(定価より200円安い、1回あたり2260円)
・4回券:9400円(1回あたり2350円)
・3回券:7500円(1回あたり2500円)
・2回券:5600円(1回あたり2800円)
・1回券:3000円

残り回数が減っていくほど割高にはなっていきますが、
1回しか使わないのなら多少割高でも1回券を使用したほうが
トータルでお得になります。

列車に乗る回数や人数をしっかり考慮して、
お得な青春18きっぷを活用してみてくださいね!


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ