青野原オートキャンプ場 料金や予約は?オートキャンプ案内

オートキャンプ」とは車で行くキャンプのことであり
キャンピングカーを用意しなくても楽しむことができます。

ここでは、オートキャンプに必要なものについてご紹介し、

神奈川県の道志川沿いにある「青野原オートキャンプ場」について
所在地やアクセス、利用料金などをお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Links

オートキャンプとは?必要な道具とは?

「オートキャンプ」とは車で行くキャンプのことを指します。
キャンプに使う車というとキャンピングカーを連想する方が多いと思います。

普段乗っている車やレンタカーなどであっても
車に道具を積んでキャンプに行けばオートキャンプをすることができます。

また、「オートキャンプ場」とは車の横にテントを張ることができる
キャンプ場
を指します。

最近ではホームセンターやスポーツショップなどでキャンプ用品
見かけることが多くなり、全国各地にオートキャンプ場も
見られるようになりました。

まずは、オートキャンプに必要なものについて少しご紹介します。

【テント・タープ】
・テント
・テントマット(テント内に敷くもの)
・寝袋、枕
・タープ(日差しや雨をさえぎるもので、いろいろなタイプがある)
・ペグ(テントやタープを設営するために使う)
・ハンマー(ペグを打つためのもの)
・ロープ(タープの設営で使う)
・ランタン
・懐中電灯

camprental
引用 キャンプ用品のレンタル bighorn
http://www.bighorn.co.jp/price/rental

【食事】
・テーブル
・イス
・コンロ
・グローブ
・バーベキューセット
・クーラーボックス
・食器セット
・調理器具
・洗剤やたわし、アルミホイルなど

【その他】
・虫除けスプレー
・雨具

今ご紹介したもの以外にも、一緒に行くメンバーやキャンプ場によって
必要なものは変わってきます


一度にすべてを揃えるのは大変ですので、レンタルを利用したり
普段使っているもので代用したりしましょう。


aonoharacamp



青野原オートキャンプ場は高速のインターから車で1時間以内!

さて、全国各地にはさまざまなキャンプ場やオートキャンプ場が存在します。
今回ご紹介するのは、神奈川県の道志川沿いにある
青野原オートキャンプ場」です。

まずは、所在地やアクセスなどをまとめていきたいと思います。

【所在地】
相模原市緑区青野原918





【営業期間】
通年
4月〜11月末(有料)
12月1日~3月31日(この期間は無料)

【アクセス】
東名高速「厚木IC」から車で30分
または中央高速「相模湖IC」から車で40分

※「車でキャンプする」というオートキャンプ場の特性上
 自家用車でのアクセスのみ
ご紹介させていただきました。

aonoharaaccess


料金や設備の詳細については、事前にしっかり確認しておこう!

続いては、青野原オートキャンプ場の設備や利用料金について
ご紹介したいと思います。

【設備】
・オートキャンプ場
・キャンプファイヤー
・売店
・シャワー(3分 200円)
・身障者用トイレ
・洋式トイレ
・釣り場
・ハイキングコース

※ゴミは各自持ち帰りです

【利用料金】
オートキャンプ1台:大型車2000円、中型車1000円、普通車500円
大人400円、小人100円
テント・タープ各500円

【電話番号】
042-787-0477
神奈川観光協会サイト青野原オートキャンプ場
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/stay/camp/uratanzawa/camp-336.html

予約なしで出入りの時間も自由に利用できます。
入口に受付があり(AM 8:00~PM 6:00 頃)
料金を払ってキャンプ場に入ります。

それ以外の時間の入場の場合でも、朝8時に利用料金の集金に回りますので
心づもりをしておいてください。

このような料金設定になっています。
2014年度はまだ公式のHPがなく、管理も他のキャンプ場よりゆるいようです。
キャンプ場は広くてきれいです。

青野原の様子を動画でご覧下さい。





近場の温泉をご紹介しておきます。
地図で確認すると青野原オートキャンプ場から車で14分。
「いやしの湯」http://www.iyashinoyu.org/index.html


冬でもOK!


釣りやハイキングも楽しめるので、
用具を揃えて是非オートキャンプを楽しんでみてくださいね!


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ