ゴールデンウィークに国内旅行をするなら

2月に入り、旅行会社などは春休みのみならず
ゴールデンウィーク用のパンフレットを店頭に出し始めました。

たくさんの休日が集中しているので
嬉しい連休となるゴールデンウィーク。

最近ではそれぞれの休日の意味を知らずに
過ごす方も多いとの指摘があります。

ここでは、ゴールデンウィークの休日それぞれについてお伝えしつつ、
この時期に行われるイベントや増税対策についてまとめたいと思います。


Sponsored Links

もともとは、映画会社のキャッチコピーだった!

『ゴールデンウィーク(GW)』とは
日本で毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間のことです。

この時期の映画が正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことにより
当時の大映で常務取締役であった松山英夫が作成した宣伝用語です。

その後、一般にも使用されるようになり
ほかの業界にも広まっていきました。

このような経緯で定着した言葉であるため
NHKや一部の民放、新聞などは単に
『(春の)大型連休』という表現を使っています。

また、休みが続くことで
『休日の意味』が薄れてきているという指摘も存在します。

ここでは、ゴールデンウィークの休日について
少し見ていきたいと思います。

・4月29日:昭和の日
1989年までは天皇誕生日でしたが
昭和天皇の崩御により『みどりの日』という名称になりました。

そして、2007年からは『昭和の日』となりました。

・5月3日:憲法記念日
『日本国憲法の施行を記念し国の成長を期する』ことを
趣旨としています。

1948年に制定されました。

また、憲法が『施行』されたのは5月3日ですが
『公布』されたのは11月3日です。

日本国憲法が平和と文化を重視していることから
この日は『文化の日』になりました。

近年では憲法改正論議が高まっていることもあり
憲法記念日には改憲派や護憲派が
それぞれ世論調査や講演会などを行っています。

・5月4日:みどりの日
1989年から2006年までは4月29日でしたが
その日が『昭和の日』になったことにより
『国民の休日』とされていたこの日が『みどりの日』になりました。

『自然に親しむとともにその恩恵に感謝し豊かな心をはぐくむ』
ことを趣旨としています。

・5月5日:こどもの日
『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』
ことが趣旨となっています。

1948年に制定されました。

五月人形やこいのぼりを飾り
柏餅やちまきを食べてお祝いします。

もちろん連休は嬉しいですが
このような休日の意味についてもっと大切にしていくべきだと思います。


ゴールデンウィークには多くのイベントが開催

ゴールデンウィークという名称が用いられ始めた時代は
この時期に映画鑑賞や近場の百貨店での買い物
近郊の遊園地への行楽やハイキングなどといった日帰り旅行が一般的でした。

しかし、その後導入された振替休日制度や土曜休みの普及に伴い
次第にこの時期全体を利用した泊まりがけの旅行や帰省が増え
さらには海外旅行も一般的になりました。

そのため、ゴールデンウィークの序盤と終盤においては
主要ターミナル駅や空港などに多くの乗客がごった返しています。

また、高速道路では渋滞が発生し
100km以上にも及ぶ場合があります。

ゴールデンウィークの時期は気候が良いので
全国各地でさまざまなイベントが開催されています。

主なものをご紹介しますので
興味がある方はぜひ旅行の候補地に入れてみてくださいね。

・博多どんたく
福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催されます。

動員数は200万人を超え
国内最大級の規模を誇っています。


gwfes


・弘前さくらまつり
青森県弘前市で開催され
ソメイヨシノやシダレザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇ります。

基本的には毎年4月23日から5月5日に開催しますが
桜の開花状況などによって照明点灯や露店の営業時期を変更する場合があります。





・ひろしまフラワーフェスティバル
広島県広島市の平和大通りと広島平和記念公園周辺をメイン会場として
行われる祭りであり、毎年5月3日から5日までです。

これらの3つはゴールデンウィークのイベントとして特に有名なので
ぜひ足を運んでみてください。


hiroshimaflowerfes
ペンタくんの広場


増税対策には、早めの計画が吉

2014年のゴールデンウィークを楽しみにしている方も多いと思いますが
大きな懸念材料があるので、多くの人を悩ませています。

それは、4月1日から消費税が8%になる『増税問題』です。

お得にゴールデンウィークの旅行をするためには
どうすれば良いのかまとめたいと思います。

・チケットを3月末までに買っておく
航空券や新幹線のチケットなどは
2014年3月末までに購入しておけば
利用が4月以降のものでも消費税は5%で済みます。

また、航空券や乗車券などを金券ショップで買うのも賢い選択ですが
3月には駆け込み需要で品切れになる可能性がありますので注意が必要です。

・旅行に必要なものを買っておく
旅行には服や靴、バッグなどが必要になってきます。

もし足りないものがある場合は
増税する前に買っておくと良いでしょう。

しかし、家電は増税後に在庫がダブついて値下がりする可能性もあるので
カメラなどは待った方が良さそうです。


どちらも、『早めに計画する』
ということが一番のポイントです。

ゴールデンウィークに向けて今から情報収集をして
増税に負けないようにしましょう!



スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ