グリーンカーテン 朝顔やゴーヤを育ててエコライフ

夏の暑さは年々厳しさを増し、熱中症のニュースも毎年報道されます。

外が暑いと室内の温度もどんどん上がってしまうため
夏場はいつも冷房を入れている方も多いと思います。

冷房による電気代を抑えるために
最近「グリーンカーテン(緑のカーテン)」が注目されています。

グリーンカーテンの作り方
オススメの植物についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

普通の日陰よりも木陰のほうが涼しく感じる

夏の強烈な日差しがあるとき、木陰に入ると涼しく感じられます。

普通の日陰よりも木陰のほうが涼しく感じるのは
植物の葉から水分が蒸散されるからです。

これによって周囲の温度が下がって涼しく感じるのです。

それと同様に、家の窓際でつる性の植物をカーテンのように育てれば
日光をさえぎったり和らげたりする効果が期待できます。

その結果、室温の上昇を抑えて家の中の環境が快適になります。

これが、「グリーンカーテン」の効果です。

greencurtain

グリーンカーテンを設置すると、エアコンの使用を抑えることができるため
節電効果があります。

さらに、植物を育てる楽しみや、咲いた花の鑑賞、成った実の収穫
などもできるので、リラックスや食育なども期待できます。

基本的にはつる性の植物がグリーンカーテンに向いています。

ゴーヤ朝顔ヘチマなどを育てる場合が多いですが
そのほかにもキュウリツルムラサキヒョウタンなどもオススメです。


ホームセンターなどで必要なものをそろえよう!

それでは、グリーンカーテンに必要な
材料や道具についてご紹介していきます。

ホームセンターや園芸店、通販などで購入することができますが
最近では100円ショップにも園芸用品が豊富にそろっています。


 □・種、苗
   種のほうが値段は安いですが、育てるのがやや難しいです。

   初心者の場合は、苗を買うのが良いでしょう。
  苗を選ぶ際は、葉の色が濃く、茎が太いものを選びましょう。
 
 □・プランター、鉢
   育てる場所や植物によってサイズは変わりますが
   できるだけ容量が多く、土が多く入るものが適しています。

   根がしっかり張るため、野菜用の深めのものが良いでしょう。

 □・鉢底石
   水はけを良くするためにプランターや
   鉢の底に敷き詰める小石です。

 □・用土
   初心者の場合は、バランスよく配合された
   市販の野菜用または花用の培養土を使うのが便利です。
 
 □・ネット
   植物のつるを這わせるために必要です。
   風の強さや果実の重量をしっかりと考え
   適した強度のものを購入します。

 □・支柱
   ネットの張りたわみを防ぐために使用します。
   場所やネットのサイズに合わせて選びます。
 
 □・肥料
 □・スコップ
 □・ジョウロ
 □・手袋
 □・帽子


基本的には、これらの材料や道具を用意しておけば大丈夫です。


greencurtain2


グリーンカーテン栽培の流れとは?

それでは、グリーンカーテンを育てる流れをご紹介していきます。


 ○(1) ネットの設置
   方角や日当たり、人の出入りや洗濯物干しの場所
   などを考慮しながら、設置場所を決めます。

 ○(2) 土入れ
   ネットの下にプランターや鉢を設置し
   鉢底石→培養土の順に入れます。

 ○(3) 種まき、植え付け
   種からの場合は種まき
   苗からの場合は植え付けを行います。

 ○(4) 水やり
  ふだんの水やりは土表面が乾いたら
  鉢底から水が出るくらいにたっぷりと与えます。

 ○(5) 誘引
   茎が伸びてきたら、這わせたい方向
   手でネットに絡ませるように導きます。

 ○(6) 追肥
   自分の育てている植物に合った肥料
   合ったタイミングで与えるようにします。

 ○(7) 摘心
   茎や葉を増やすために、茎の先端部分を摘む作業のことです。
   植物によっては、この工程が不要の場合もあります。
 
 ○(8) 受粉
   自然の力を借りて受粉する場合もありますが
   確実に身をつけるためには人工授粉作業が必要です。


これが大まかな流れになります。

グリーンカーテンを育てているときには
害虫や病気に悩まされることもあると思います。

害虫や病気については毎日よく観察するようにし
異変を感じたらすぐに対処するようにします。

夏を快適に過ごすために
グリーンカーテンに挑戦してみませんか?






スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ