あなたのプチ贅沢を教えて下さい!

プチ贅沢」という言葉が一般的になってから
数年が経過しました。

本格的に贅沢なことはできなくとも
会社帰りにコンビニのスイーツを買ったり
休みに皆で旅行に行ったりなどのプチ贅沢を楽しむ方が増えています。

ここでは、プチ贅沢に関する意識調査の結果をご紹介しながら
プチ贅沢が私たちの生活の中で
どんな役割を果たすのか
について考えていきたいと思います。


Sponsored Links

懐事情から「贅沢」よりも「プチ贅沢」が消費トレンドに

「贅沢(ぜいたく)」とは
必要以上に金や物を使うことを指します。

ぜいたくの語源は以下のようになります。


   ・贅: お金に代わって使用する宝貝の
        『貝』+余分・有り余るという意味の『敖』

   ・沢: たたえた水を示し、つやや潤いの意味

バブル経済崩壊やリーマンショックの影響で
最近では贅沢をする人も少なくなってきています。

しかし、ほんの少し贅沢をする
『プチ贅沢』が消費トレンドとなってきました。

この言葉が広く使われ始めたのは
数年前くらいからです。

コンビニで少し豪華なスイーツを購入したり
少しスペックが高い家電製品を手に入れたりする人が
増えてきています。


puchizeitaku4


プチ贅沢を行っているのは全体の8割以上!外食やお菓子などが人気

プチ贅沢に関するアンケート調査のご紹介をしながら
プチ贅沢について掘り下げていこうと思います。

まずは、プチ贅沢をする人の割合からです。

『よくする』・『ときどきする』を合わせて
全体の8割を超えていることが分かりました。

男女で比べると女性の方が
よりプチ贅沢を楽しんでいる
との結果がでました。

このような調査は過去にも行われていて
震災後は割合が少し落ちましたが
最近では回復傾向にあるとされています。

プチ贅沢を行わないと答えた方の中に
「普段は切り詰めて、ここぞというときに思いっきり贅沢をする」
という考えを持っている方もいます。

頻度としては全体の6割以上が少なくとも『月に1回以上』の頻度で
プチ贅沢を行っていることが分かりました。

中には1週間に何度も行い
プチ贅沢が習慣化している方も見られました。

どんなプチ贅沢をするのか聞いた調査では
男性と女性で差が出ました。

男性では『外食』が1位となり
家族と一緒に食事をしたり同僚と居酒屋で飲んだりするのが
プチ贅沢の定番のようです。


puchizeitaku3

puchizeitaku5


そのほかには、
『食品』『お酒』『お菓子・デザート』『旅行』『趣味』
などが上位に入りました。

女性のプチ贅沢は
『お菓子・デザート』が首位
に立ちました。

プチ贅沢の日はダイエットをお休みして
心と体を癒す女性が多いようです。

そのほかには、男性と同じく『外食』や『食品』
『お酒』、『旅行』などがランクインし
『ファッション』や『美容』に関するプチ贅沢を行う女性も多いようです。


puchizeitaku2


プチ贅沢は自分や家族のための「ご褒美」

最後に、プチ贅沢の効能について
ご紹介していきたいと思います。

贅沢とプチ贅沢の違いはどこにあるのでしょうか?

アンケートで多かった回答は
プチ贅沢は『ご褒美』であるとのことでした。

何か仕事や課題を片付けたり
目標を達成できたりした場合に
家族や自分自身に向けてプチ贅沢を行うようです。

こういった成功体験をインプットするのは
脳にとってとても重要なプロセスであり
次の仕事や課題に対する集中力を増すと言われています。

プチ贅沢とは自分自身や家族を奮い立たせるための
『アメ』の機能を持っていると言えます。

我が家でもプチ贅沢は定期的に行っています。

家族の誕生日や結婚記念日などの
ハッピーな出来事の時にはもちろん
仕事が忙しすぎる場合やストレスを感じた場合に
気分をリフレッシュするために行うこともあります。

内容としては、普段は買わないお菓子などを買ったり
外食をしたりしています。

長期休みには普段忙しくて遊びに行けない分
国内旅行を楽しむようにしています。

アンケート調査では、プチ贅沢の必要性について
『絶対必要』と『まあまあ必要』と答えた方が
全体の8割以上になりました。

『贅沢』と言ってしまうと
ネガティブな印象になってしまいますが
そこに『プチ』をつけるだけで
一気にポジティブな雰囲気になるので不思議です。

プチ贅沢を重ねすぎて
本当の贅沢になってしまうのはNGですが
月に数回くらいはこういったことを行うことで
毎日を楽しく過ごせるのではないでしょうか。





スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ