ボーナス2014夏の平均は?製造業は増!?

 経団連が発表した大手企業夏のボーナス調査によると
(5月29日発表)妥結額は平均88万9046円だそうです。

注目すべきは前年からの伸び率8.80%。
これは2年連続で増えているうえに、過去最高の伸び率ということです。

「企業業績の改善が反映された」ということですが
その内訳はどうなっているのでしょうか。

そして私たちにその実感はきていますか?
まだの場合、いつくるのでしょうか。

Sponsored Links

伸び率上昇の背景

今年の春闘では、大手の電機、自動車メーカーがベースアップを決めた
と話題になりましたが、ボーナスの増加を決定した企業が多い
ということにも注目が集まりました。

業績が好調な企業が、従業員へその分を還元する方法として
長期のコスト増になるベースアップよりも、短期的な還元ですむ
ボーナスの増加を選択したことも今回の顕著な伸び率の背景にあるようです。


bonasu
 

平均とはどの平均のこと?

ところで新聞発表されるボーナスの平均とは、どの平均なのでしょうか。

2014年夏のボーナスの中間発表は、東証一部上場、従業員500人以上の企業
を対象とし、そのうち労使交渉が済んだ15業種74社の結果が反映されています。

またそのほかにも日本経済新聞社が選んだ有力な非上場企業も合わせて
195社で調査発表されています。

基本的には大企業の平均金額ということになりますが
現在の国内の経済状況が反映されているのでこの発表は興味深いものです。


製造業の好調

今年の伸び率の牽引はなんといっても製造業です。

10.86%増 88万5788円

その中でも自動車関連、鉄鋼、電機の大手企業の業績が好調です。
製造業の業績が好調であるというのは、国内の景気の明るさを
わかりやすく反映
しているとも言えます。

また、ものづくりは技術と営業と本部機能のチームワークのたまものなので
製造業の動向は注目ですね。

反対に非製造業は3.37%の減でした。
これは前年よりは減少率は抑えられています。


業種別夏のボーナスランキング

1・自動車 101万6283円
2・精密機械 94万102円 
  前年比23.85%増です。医療機器分野の伸びが堅調です。

3・鉄道、バス 88万8099円 
  景気に左右されにくい業種ですね。

 次点 鉄鋼 ただし伸び率は27.09%増

反対に低いのは、外食、その他サービスで43万3402円です。
次に電力でこれは37.97%減の47万3972円。
燃料費の高騰が響いています。


bo-nasu


ガス、医薬品も下げに転じていますが
全体を下げているのは電力のようです。

食の重要性がこれまで以上に言われている現在、外食産業も給与体系の充実を図り
従業員の士気を高め、質を上げるべきとの声も出ており、外食産業の動向は
消費者目線からもみることが出来るのでこちらも注目していきたいところです。


会社別平均

この夏のランキングベスト10です。
(出典:日本経済新聞社ボーナス調査、2014年5月12日)

順位 会社名 税込み支給額(円) 前年比(%)
1位 トヨタ自動車   1,370,000 30.47
2位 デンソー     1,100,000 14.58
3位 ホンダ      1,078,000 1.03
4位 クボタ      1,060,000 17.77
5位 スター精密    1,057,237 19.98
6位 日産自動車    1,051,050 2.99
7位 キリンビール   1,029,900 13.15
8位 ブラザー工業   966,000  14.14
9位 日本航空電子工業 964,541  28.28
10位 カシオ計算機   956,158  3.86

自動車関連企業は強いですね!
数年前の常連だった任天堂は今年ベスト10圏外です。

またキリンビールはこの数年ずっとベスト10に入っています。
社会情勢が目まぐるしく変わる中
安定してボーナスを支給する企業体質に好感をもてます。

国内全体では
上場企業のボーナスは堅調ですが、対象を日本全国で見ると
国民一人当たり36万3300円という報告が出ています。
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング発表
 事業所規模5人以上の民間企業を対象)

これは上場企業と比べるとかなり開きがあります。

日本の企業のうち実に97%が従業員規模300人以下の中小企業
ここに景気回復の実感がまだ到達していないことの表れとなっています。

実際に景気が回復してから国民が実感するのには3年程度かかるそうです。
今回は政府の賃上げ要請もあり
それよりは前倒しで好況を実感できるのではとみられています。

ボーナス増加により個人消費がのび、それが中小企業の業績回復
国内全体の景気回復までつながればいいですね!

国家公務員の夏のボーナスが支給されました。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ