折りたたみ傘おすすめはクニルプス!軽量安全日傘にも!

雨や日光から体を守ってくれる「傘」。

出かけるときに雨が降っていなくとも
夕方には雨が降っていて困るということもあります。

そういったときのためにオススメなのが「折りたたみ傘」です。

折りたたみ傘はドイツで生まれ
世界初の折りたたみ傘を商品化したクニルプス社は
現在においても折りたたみ傘のトップブランドであり続けています。

ここでは、折りたたみ傘の歴史や、購入する際のチェックポイント
についてご紹介していきたいと思います。


Sponsored Links

ドイツの「クニルプス社」が折りたたみ傘を初めて商品化

雨や雪、日光などが直接当たらないよう
頭上に広げて差しかざすのが「傘」の主な役割です。

傘は竹や金属などの骨に紙や布などを張り
柄をすえて開閉ができるようにしたものです。

日本には552年に入ってきたとされ、当初は主に
日射を避ける「日傘」として用いていました。

その後、日本独自の構造的進化も見られ
雨に対して使うことが多くなっていきました。

雨の日には長傘を差して行けば良いですね。

でも、朝は晴れているのに夕方は天気が崩れるとの予報の場合
長傘を持ち歩くのは面倒だと思います。

そのときに役に立つのが「折りたたみ傘」です。

親骨(リブ)の部分が二段階に折れ曲がるとともに
中棒の部分も小さく折りたためるようになっています。

二段階以上に折りたためる構造のものもあり
そのコンパクトさから人気を集めています。

折りたたみ傘は1928年にドイツのハンス・ハウプトが発案し
1932年には特許を取得しました。

この特許の許諾を得たクニルプス社が製造・販売を行い
現代でも折りたたみ傘のトップブランドとして知られています。

日本でも同じような製品が製造されましたが
当初は特許使用料の制約から「高価な傘」とされていました。

現在では安価で手に入れられるようになり
万が一の雨に備えるために携帯する傘として
広く用いられるようになりました。


トップブランドの折りたたみ傘は構造が凄い!

まずは、折りたたみ傘の元祖として知られる
クニルプス社の製品について、特徴をまとめたいと思います。

誕生から70年以上経った現在においても
クニルプス社の折りたたみ傘は
世界的に有名な雑誌に取り上げられています。

それではクニルプス社の折りたたみ傘
Knirps X1」の特徴についてまとめていきます。


umbrella

・重さ285g、長さ175mmの軽量コンパクトサイズ
持ち運び用のハードケースを含めた重さがわずか285gであり
とても軽いのが特徴です。

4段階に折りたたむことができるため
ケースに収納時の長さは175mmと短く
カバンの中でも邪魔になりません。

・耐久性のあるフレーム
親骨には強度のあるグラスファイバーを使用しているので
軽量かつ丈夫な構造になっています。

・UVカット加工
UVカットの撥水生地を使用しているため、雨の日だけでなく
晴れた日にも日傘として使用することが可能です。

デザインのバリエーションも豊富なので
さまざまなシーンで活躍します。

・防水仕様のハードケース
傘が濡れたままでも収納できる
速乾性の高い防水仕様のハードケースが付属しています。

まわすと外れるストラップがついていて
カバンのハンドル部分などにぶら下げることもできます。
クニルプス社の折りたたみ傘は
トップブランドの名に恥じないスペックが特徴です。

価格はインターネット通販で6千円程度となっています。
色や柄も豊富なので、男女問わず選ぶのが楽しいと思います。


重視するポイントによって、最適な折りたたみ傘は異なる

さて、クニルプス社の折りたたみ傘についてご紹介してきましたが
「ちょっと高い…」と感じた方も多いと思います。

雑貨店などでは千円程度で購入できる安価なものもありますので
「折りたたみ傘に何を求めるか」を考えながら最適な傘を選びましょう。

それでは、折りたたみ傘を選ぶ際のポイントについてご紹介します。
 ■・安全性
  傘を閉じるときに指を挟んで怪我をしないよう
  安全性を考慮した傘が安心です。

 ■・耐久性
  骨が多いほど強度があると考えて大丈夫です。

  しかし、骨が多いとその分重くなりますので
  好みに応じて選びます。

 ■・晴雨兼用
  晴れの日にも使えるタイプを選ぶと
  折りたたみ傘を有効活用できます。

 ■・取っ手の持ちやすさ
  取っ手部分が小さかったり
  飾りがついていたりして持ちにくいものがあります。

  購入の際は自分の手になじむかどうかを確認しましょう。

 ■・コーディネートに合うか
  傘もファッションの一部なので
  自分が普段着ている服に合わない傘を買ってしまうと
  使う機会が少なくなってしまいます。
値段やデザイン、耐久性やコンパクトさなど
人によって重視する部分は違うと思います。

店頭で見比べながら
最適な折りたたみ傘を選んでみてくださいね!



スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ