新幹線に安く乗る方法は?

帰省シーズン・行楽シーズンには新幹線を使う
という方が多いのではないかと思います。

しかし、新幹線の最大のネックはその値段。
ローコストキャリアの航空会社と比べると高いですよね。

もっと安く新幹線を利用できたらいいのに…!
と、いう方のために、
今回は新幹線に安く乗る方法を紹介したいと思います。

Sponsored Links

金券ショップでチケットを買おう

新幹線を安く利用する最もポピュラーな方法は
金券ショップで格安チケットを購入することです。

大手金券ショップでは
東京名古屋間の指定券往復チケットが
20000円前後で購入できます。

通常販売価格は片道10780円ですので、
やや安くなります。

東京名古屋間の回数券が1冊ごと販売されていまして、
こちらは59340円です。

通常販売価格は60420円。
こちらも若干安くなっています。

なお、金券ショップで購入することができる回数券には
欠点があります


年末年始、ゴールデンウィーク、お盆期間中には
利用することが出来ないのです。

購入する際にはきちんと確認をとってくださいね。

その他にもJR各社の株主優待券を購入することができます。
JR東日本では株主優待券一枚につき
片道料金が2割引きになります。

同時に2枚使用することが出来ますので、
最大4割引きになるのです!

JR東海では1枚毎に1割引き。

JR西日本ではなんと1枚で5割引きです!
ただし、複数枚の利用はできません。

株主優待券は
JR東日本が2000円、JR東海が1500円、
JR西日本が5000円ほどで販売されていますが、
非常に人気のある商品ですので品切れも予想されます。

年末年始に利用したい方は
なるべく早く購入するようにしてください。

shinkansenchicket

IC早特を利用してチケットを買おう

JR東海が運営している
エクスプレス予約というサイトが有ります。

こちらはモバイルSuicaを持っていればだれでも利用でき、
特定サービスを使えば東海道・山陽新幹線のチケットを
安く購入することができるのです。

そのサービスの名は「IC早特

のぞみ・ひかり・こだまの601km以上の区間と、
東京-新神戸間のひかり・のぞみ(午前6時発限定)のチケットを
最大で2000円ほど安く購入することができる優れたサービスです。

乗車3日前までに予約を受け付けており、
特急券と乗車券をセットで購入することが条件になります。

うまく利用すれば株主優待券よりも
安くチケットを購入することが出来ますので、
検討されてみては如何でしょうか。

以上、安く新幹線を利用する方法を紹介しました。
お役に立てば幸いです。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ