最近の結婚式事情 親族のみの結婚式や激安10万円以下も

現代ではカップルの事情に合わせて、色々な結婚式のスタイルがあります。

ここでは、『ナシ婚層』・『激安結婚式』・『カジュアルな式』についてご紹介していきます。


buquet


入籍のみの『ナシ婚層』。その3大理由

現在では、入籍はしつつも挙式・披露宴を行わない、いわゆる『ナシ婚層』が存在します。なぜ結婚式を行わないのか、それには3つの理由が主に挙げられます。

まずは『経済的な事情』。経済的な不安を理由に式をしないカップルが多く、また経済的には余裕があっても、新婚旅行や新生活の準備など、『他にお金を使いたい』という声もよく聞きます。

続いての理由は『授かり婚』。
現在では、4人に1人のカップルが授かり婚をすると言われていて、新婦の体を最優先にするため、結婚式を見送るというケースです。

そして最後の理由は『セレモニー的行為が苦手』というものです。


wedding


10万円以下でできる!激安結婚式

このような事情を踏まえ、最近のウェディング業界では安価で結婚式を挙げるプランや、授かり婚にも対応したプランを用意しています。

ここでは、10万円以下で挙げられる、激安結婚式についてご紹介します。

まず、激安結婚式は親族だけなどの少人数が対象になることが多いようです。
激安にできる仕組みは各社それぞれで、ドレスを自社製造していたり、少人数で運営して人件費を抑えていたり、自社の式場を持っておらず運営費が掛からなかったりなどの理由があります。

また、激安だからといって内容がチープになるわけではありません。
『ドレスを少し落とす分、料理を豪華に』などとメリハリをつけたり、自分たちで手作りのおもてなしをしたりでき、激安婚でも招待客に満足してもらうことができます。


1.5次会のようなカジュアルな式も人気

最近では、格式を重んじるよりもアットホームな雰囲気で結婚式を行うカップルが増えているようです。

先日、弟の結婚式に参列しましたが、弟からは『1.5次会のようなカジュアルな式だから』と言われていました。私は親類の結婚式には着物で参加すると決めているのですが、新郎新婦の意向もあり、カジュアルなドレスにて参列しました。

当日は、伯母や祖母など、両家の母親以外は全員ドレスやスーツでの出席でした。また、最近あった友人の結婚式においても、この傾向が見られました。

さて、ここまで結婚式事情についてお伝えしてきました。
実は私も冒頭で述べた『ナシ婚層』なのです。

私の場合、マイホームに資金を回したいことと、外見に自信がないことから、結婚式をしないことを選びました。ただし、両親の意向もあって、顔合わせの食事会や着物での写真の撮影、結婚指輪の購入は行いました。

当時はこれで良いと思っていましたが、やはり時間が経ってから後悔しました。
そのため、今では『子供が生まれたら結婚式をする』を目標に、不妊治療に通っています。

結婚に対する考え方は人それぞれですが、悔いのないようにするべきだと私は考えます。



Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ