上野不忍池 蓮の見頃は?うえの夏まつり2014と灯篭流し

上野恩賜公園は、豊かな自然と博物館や動物園、美術館
といった施設が楽しめる公園です。

公園内には不忍池があり、毎年7月中旬になるとハスがきれいな花を咲かせます。

また、ハスの開花時期にはうえの夏まつり」が周辺で開催されます。

ここでは、不忍池のハス情報夏まつり情報などについて
ご紹介していきたいと思います。

中でも、不忍池で行われる「灯籠流し」は必見ですので
そちらの情報もお伝えしていこうと思います。

Sponsored Links

江戸時代には既に「ハスの名所」として有名

「上野恩賜(おんし)公園」は、明治6年に浅草や深川などとともに
日本で初めて公園に指定されました。

当時は、寛永寺の社殿や境内のサクラを中心とした公園でしたが
その後に博物館や動物園、美術館などが構築され
自然と文化を楽しめる公園になりました。

さて、上野恩賜公園にある「不忍池(しのばずのいけ)」ではハスが有名であり
江戸時代には既に浮世絵に描かれるほどの名所でした。

戦時中は池を埋め立てて水田となってしまいましたが
戦後の復旧作業の甲斐あって、昭和30年ごろに池として復活しました。

不忍池のハスは毎年7月中旬ごろから開花が始まり
夏の風物詩として親しまれています。

また、新たに「蓮観察ゾーン」が完成し、明鏡蓮(めいきょうれん)や
大賀連などを水上デッキから観察することが可能です。

花の見ごろは7月下旬から8月上旬であり
花が咲く午前中には見物客が数多く訪れます。

shinobazunoikehasu

ハス開花と同時期に「うえの夏まつり」が開催!

さて、不忍池でハスが見ごろとなる時期には「うえの夏まつり」が開催されます。
続いては、この祭の概要をお伝えしたいと思います。

うえの夏まつり
○・開催日程
 平成26年7月12日(土)~8月10日(日)

○・開催場所
 不忍池周辺

○・アクセス
 JR・地下鉄銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩2分
 大江戸線「上野御徒町駅」から徒歩5分
 京成線「京成上野駅」から徒歩1分

 ※車での来場も可能ですが、駐車場は有料となります。


うえの夏まつりの見所は幻想的な「灯籠流し」

それでは、うえの夏まつりの内容についてご紹介していきたいと思います。
期間中は不忍池周辺で、植木市や骨董市などが行われます。

また、水上音楽堂を中心に、音楽のステージや寄席などが催されます。
また、19日には上野中央通りで「うえの夏まつりパレード」が開催されます。

また、祭の期間中には毎年7月17日
恒例の「灯籠(とうろう)流し」が行われます。





池の中央にある弁天堂にて受付をし、灯籠に名前を入れ
お経を唱えて池の上のボートから少しずつ池に灯籠を浮かべます。

そして、世界の平和と先祖に感謝する時間を過ごします。

だんだんと暗くなってくると、池の水面に淡い光をゆらゆらさせながら
灯籠が流れて行くので、とても幻想的な雰囲気になります。

上野恩賜公園は駅からのアクセスも良好ですので
ハス見物やうえの夏まつりを訪れてみてくださいね!

うえの夏祭りパレード


2013年7月20日うえの夏まつりJR上野駅コンコース13:00~15:00



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ