下田あじさい祭り 見頃は?概要とアクセス

静岡県下田市にある「下田公園」では
初夏に園内のあじさいが満開を迎えます。

その数は15万株に上り
あたり一面があじさいで埋め尽くされる光景は圧巻です。

毎年6月1日~30日には「下田公園あじさい祭」が開催されることから
多くの観光客で賑わいます。

ここでは、下田公園へのアクセスあじさい祭の概要などについて
ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

下田公園には数々の記念碑が存在

伊豆半島・下田市の「下田公園」は下田港を一望できる小高い丘の上にあります。

四季折々の花が楽しめる自然公園であり、春は桜やツツジ、夏は藤やあじさい
秋は紅葉、冬には椿が見頃を迎えます。

下田公園は別名「城山公園」と呼ばれ
これは北条氏の鵜島(うしま)城があったことが由来です。
園内には鵜島城跡の記念碑が残されています。

このほかにジミー・カーター第39代米国大統領の記念碑もあります。
これには1979年に東京サミットで来日したときのメッセージが書かれています。

ペリー提督とハリス領事の言葉が刻まれた開国記念碑
歴史を感じさせます。

shimodaajisai


毎年6月は「あじさい祭」が開催!

下田公園では毎年、6月1日から30日まで「あじさい祭」を行っています。
15万株のあじさいが咲き乱れる光景は圧巻で多くの観光客が足を運びます。

shimodaajisai2

園内には散策路が整備されているものの
起伏があるため靴は履き慣れた運動靴がオススメです。

あじさい祭の概要についてまとめます。


 ○・開催期間:毎年6月1日~30日
 ○・料金  :無料

 ○・アクセス
  【公共交通機関】
   ・伊豆急行下田駅から徒歩約20分
   ・下田海中水族館行きのバスに乗車し
    下田城山公園にて下車。
   ・タクシー利用で下田駅から約5分。

  【自家用車】
   下田公園専用駐車場が使用不能となり、代わりに
   「あじさい祭 専用駐車場(1日1回500円/100台)」
   に停めることとなります。

   駐車場からは徒歩で下田公園に向かうほか
   渡し舟に乗ることもできます。







祭の期間中は出店やイベントも…

あじさい祭のメインは何といっても「あじさい観賞」ですが
祭の期間中には他にもたくさんのイベントが行われます。

期間中に開催されるイベントをまとめます。

 □・賑わいの商店街 
   9時~16時
     地場産品の販売や飲食の露店が出現します。
     味噌おでんやサザエご飯、甘夏みかんジュース
     などが楽しめます。

 □・下田太鼓の実演 
   6月1・8・15・22日(日) ※雨天中止
     下田太鼓伝統保存会メンバーによる演奏です。

 □・あじさいの「花のかざぐるま作り」体験 
   6月1・8・15・22日(日) 10時~15時 ※雨天中止
     体験料は1本300円からとなります。
     約20分で出来上がり。
     はさみを使える子供からお年寄りまで体験できます。

 □・よさこい「翔華組」 
   6月8日(日)


このように、休みの日には多くのイベントが行われます。

ゆっくり観賞したい方は平日
イベントをたっぷり楽しみたい方は休日に
行くのがオススメです。

6月は梅雨の時期ではありますが
伊豆半島まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ