冬至の意味は?日の出日の入りと風習

2014年の冬至は12月22日です

しかも今年は、新月と冬至が重なる大変珍しい
朔旦冬至(さくたんとうじ)」にあたるといわれています。

冬至とは「1年で最も昼が短く、最も夜が長い日」をさします。

本当に日の出が一番遅く日の入りが一番早いのでしょうか。
かぼちゃを食べ、柚子湯に入るという風習には
どういった意味があるのでしょうか。

Sponsored Links


冬至とは?冬至の意味と日の出日の入り

冬至は1年で最も昼が短い日ですが
実は「日の出が最も遅い日」と「日の入りが最も早い日」ではありません。

天文学的にみれば「日の出が最も遅い日」冬至の半月後頃であり
「日の入りが最も早い日」冬至の半月前頃なのです。


toujikagenonagasa
クリックで拡大


さて昔の人々にとって太陽高度が最も低い冬至は、夜が最も長い日であることから
「死に一番近い日」といわれ、生命の終わる時期だと考えられていたようです。

そのため、厄払いとして体を温め、栄養をとり、無病息災を祈ってきたわけです。

一方「一陽来復(いちようらいふく)」という言葉があるように
最も太陽の力が弱い日である冬至は
「この日を境に陽に転じる(これ以上陰に向かうことはない)」
という意味で重んじられていました。


sakutantouji1



冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?

冬至にはかぼちゃを食べる風習があります。

かぼちゃはもともと夏の野菜。
ではなぜ冬至に食べられるようになったのでしょう。

それは風邪予防に効果的なビタミンAやカロチンが豊富
食べ物が不足しがちな冬場に長期保存がきくかぼちゃは
とても重宝されたからです。

かぼちゃを冬至に食べて冬を乗り切ろうとする
先人たちの知恵がうかがえますね。

また冬至には「ん」のつくものを食べると
「運」がつくと言い、縁かつぎをしていました。

「ん」は「運」に通じるということからのようです。

かぼちゃも南瓜(なんきん)という別名がありますから
これもひとつの縁かつぎだったのかもしれません。

また、この「ん」のつく食べ物をたべる習慣の由来は
「かな」の50音が「ん」で終わることから
「ん」に一陽来復の祈りが込められた
ともいわれています。


toujikabocyanonimono



冬至のゆず湯、その意味は?

冬至に欠かせない習慣としてゆず湯があります。

ゆずは香りが強く邪気を払うという意味がありました。
また一説には、冬至と湯治、ゆずと融通の語呂合わせで
「身体息災であれば融通がきく」というこじつけであるともいわれています。

ゆず湯は実際、血行を促して冷えや神経痛・腰痛を和らげ
体を温めることで風邪予防に効果的です。

また、果皮に含まれるビタミンCやクエン酸には肌荒れを改善する働きがあり
香りには湯冷めを防ぐ効果がある
といわれています。


toujiyuzunomi



地域の風習と行事食

◎冬至粥
小豆をつかったお粥のことです。

昔から赤という色は邪気を払うといわれていることから
食べられるようになったようです。

◎いとこ煮
小豆とかぼちゃを煮たものを食べる地域があります。

これは本来、硬いものをおいおい(甥)入れ、
いめい(姪)煮込んでいく料理
をさすもので
小豆とかぼちゃに限定された料理ではありません。

◎こんにゃく
冬至にこんにゃくを食べる地域もあります。
これは「ん」のつく縁かつぎの意味もあるでしょう。

古来よりこんにゃくは「砂おろし」とよび
体内にたまった砂(余分なもの)を掃き出すという
言い伝えになぞらえた習慣のようです。


これから厳しい冬を迎えようとする冬至には
今も昔も変わることのない先人たちの知恵が
大切な日本の文化・風習として現代に息づいているのですね。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ