政府も規制を検討中!仮想通貨 ビットコイン とは?

2014年2月28日、仮想通貨ビットコインの取引所である
東京のマウントゴックスが破綻しました。

仮想通貨(かそうつうか)とはオンラインサービスで
経済活動を行うことができるものですが
通常の通貨と異なり
政府などから認められたものではありません。

ここでは、ビットコイン市場が
なぜここまで大きくなったのかについて
そのメリットとともにご紹介し
マウントゴックスが破綻したことによる
政府の対応についてまとめていきたいと思います。


Sponsored Links

特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものが『仮想通貨』

『仮想通貨(かそうつうか)』とは
オンラインサービスで経済活動を行うことができる
貨幣価値のこと
です。

ただし、仮想通貨は特定のサービス内でのみ
貨幣価値を持つものであり、一般的には現金に換算したり
ほかのサービスで使用したりする価値は持っていません。

仮想通貨の入手方法としては
サービスを利用する中でポイントを貯めていく方法が一般的ですが
最近では現金で一定額の仮想通貨を購入できる例も登場しています。

ゲームサイトなどがそれぞれ独自に仮想通貨を設定していますが
ここでは今まさに問題になっている仮想通貨『ビットコイン』について
詳しく見ていきたいと思います。

ビットコインは5年ほど前から運用が始まった仮想通貨であり
『サトシ・ナカモト』という人物が書いた論文が基になったとされています。

その後、海外で需要が急激に高まり
日本でもビットコインを入手する方が出始めました。

ビットコインを入手するためにはまず『ウォレット(財布)』を作成し
購入するために取引上での『アカウント』を作成します。

また、少額ではありますが取引所で入手するほかに
採掘したりお小遣いサイトで手に入れたりすることも可能です。


希少性からどんどん価値が高まっていったビットコイン

仮想通貨であるビットコイン市場が
ここまで大きくなったのは
何故なのでしょうか?

それは私たちが普段使っている通常の通貨と比較して
さまざまなメリットがあるから
です。

主なメリットを3つご紹介します。

・海外で使用しても、為替手数料や銀行の振込手数料が不要
ビットコインは世界中のあらゆる場所での決済に使えますので
海外で利用しても高額な手数料を取られることがありません。

このため、海外のショッピングやサービスを
頻繁に使う方にとってはメリットとなります。

・第三者によって口座を凍結されるリスクがない
ビットコインは政府機関や銀行からの預金封鎖、口座凍結などによって
引き出しができなくなるというリスクがありません。

・希少価値があるため、投資対象になる
ビットコインの生成量はあらかじめ決められていて
利用者が増えれば増えるほど希少価値が高くなります。

そのため、投資対象として注目されるようになりました。

このようなメリットを求め
多くの方がビットコインを利用していました。

しかし、ビットコインの取引所
『マウントゴックス』の破綻によって
その仕組みの脆さが露呈しました。


不正アクセスによってビットコインが消失し、民事再生法適用へ

東京・渋谷にあるビットコインの取引所『マウントゴックス』は
2010年ごろからビットコイン事業をスタートしました。

数ある取引所の中でも大手と言われていましたが
2014年2月24日に全取引を中止し、数時間後にサイトが消去されました。

不正アクセスによって
利用者から預かった巨額のビットコインが消失してしまったとされ
25日には『当面、すべての取引を停止する』と発表しました。

そして、28日には東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し
受理されました。

こういった流れを受けて
日本政府はビットコインに一定の規制を設けることや
特定のビットコイン取引に課税することを検討しています。

3月7日には、日本においてはビットコインを『通貨』ではなく
貴金属などと同様『モノ』として扱うとの見解
を改めて示しました。

見解では、仮想通貨は民法が定める通貨には該当しないと明記されており
通貨の取り扱いを前提とする銀行法の対象外であるとしました。

また、金融商品取引法に基づく有価証券にも当たらないとの見解を示したため
現時点では投資家保護の対象から外れるとのことです。

そして今回の見解に基づいて
政府は金融機関での取り扱いルールも示しました。

それによると、
民間銀行にはビットコインの売買の仲介や通貨との交換、
専用口座の開設、送金業務を認めないというものです。

また、証券会社も仲介業務など
本業は禁じられることが示されました。

ただし、ビットコインに投資する
ファンドやデリバティブ(金融派生商品)の組成について
理論上は可能であり、
この業務の是非については明記を避けました。

ビットコインには3つのメリットがあると前述しましたが
政府機関の承認を得ないオンライン上での取引である以上
不安定なものであることには変わりがありません。

大切なお金を守るためには
メリットだけを見ずにデメリットを知ることも重要です。




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ