プレミアムコンパクトな輸入車が売れている!

空前の輸入車人気です。
「フォルクスワーゲンのディーラーに、お客様が軽自動車で乗りつける。
こんな光景は今まで考えられなかった。」

これは、国内最大の輸入車ディーラー、ヤナセの社長が述べた言葉です。

2014年には過去最高になるだろうといわれている輸入車シェア。
なぜ今人気があるのでしょうか。

Sponsored Links

燃費がよくなった

環境負荷が少ないとされるエコカーは主に、ハイブリッドや電気自動車などが
知られています。

そこに、あらたにクリーンディーゼル車が登場します。
これに力を注いでいたのはフォルクスワーゲン、メルセデス、BMWなどの
欧州のメーカーです。

昨年6月に発表された、VWゴルフの燃費は30Km/Lを超えるということで
大変話題になりました。
燃費がいいから輸入車を選ぶ時代になったとも言われています。


小型化と低価格

燃費以外の要因として、輸入車が好調なのは
小型&低価格な車種が豊富になっているということでしょう。

特に、「プレミアムコンパクト」。
これは、主にドイツの高級車メーカーが力を注いできた分野です。

例えば、メルセデスベンツのAクラス。
よりスポーツカーのテイストを取り入れ、外観もカジュアルにしました。
価格もなんとか手の届きやすい284万円からにしたところ
国内での売り上げは過去最高のものになりました。

200万円台でベンツが買える!
この驚きと喜びが市場に広まり、結果、新規の顧客をたくさん取り込めたのです。
これまで40代以上と言われた主な顧客層が、30代にも広がりました。

また子育てを終えた世代がミニバンから小型車へ回帰する際
輸入の小型車を選択するというケースも増えました。


ヨーロッパでも環境規制

エコカーの需要は日本国内だけではありません。
EUは、2021年までに、新車の平均燃費を約24Km/Lにすることを義務付けました。

今まで市場をけん引してきた高級車は16Km/Lなので
小型化、低燃費化というのは欧州のメーカーにとっても使命なのです。

これを達成するには、新車を小型化することで
従来の大型車と市場をシェアしていくことが急務となっています。

エコカーへの取り組みが世界共通のものなら
それならば輸入車のエコカーに乗ってみたいという需要も高まります。


ファミリータイプのミニが脚光をあびる

ワゴンタイプの輸入車、ミニクラブマン、ゴルフプラス
などはファミリーカーとして最近とても人気があります。

そもそもファミリーカーは、たくさん荷物を積んで
家族みんなでお出かけするもので

かっこよさ、ファッション性などは求めるものではないといった感が
ここ数年の日本国内にはありました。

ただ今のお父さん世代は、独身時代、ローンを組んでまでも
自分のこだわりの車を持っていた人が多いのです。

社会人になると多くの人が、洋服を選ぶような感覚で
自分に似合う車を探していました。

それから十数年後、長いことミニバンを運転していたが
ものは試しと輸入車ディーラーに行ってみた。

久しぶりに運転したら輸入車のよさ、わくわく感を思い出した
という人もたくさんいたそうです。


かっこいい車、楽しい車に乗りたい!

わくわく感について、もう少し述べてみます。
数年前まで、環境負荷の少ない車を選ぶというのが
国内の暗黙の了解ともなっていました。

それは当然ではあるのですが、振り返ってみると「乗りたい車を買う」
というものではなかったかもしれません。

必要に迫られて車を買う、買うならエコなものにしようという感覚です。

ここにフォルクスワーゲンup!が登場します。
このup!は価格が149万円からと、国産軽自動車と並ぶ驚きの価格設定で
まず顧客の間口を広げました。

実際試乗したユーザーの批評によると、
「久しぶりにマニュアル車にのったようなわくわく感がある」
「シンプルなインテリアは日本車にはない魅力」
「運転して楽しい」
という声が多く聞かれました。

単なる移動手段だけではなく、車の運転は楽しい!という根本的な意識を
よみがえらせたという点で、up!の登場は大きな転換期となったようです。


yunyusya


クリーンエネルギーであることと、わくわく感との両立

輸入車が好調な背景には、燃費と価格
サービス体制の充実
(5年間のメンテナンスプログラムなど)が国産車並みに
なったこと、デザインのよさ、乗り心地のよさがあることはわかりました。

みんなと同じようなものを持っていて満足していたが
個性を出す喜びを久しぶりに味わったのでしょう。

2013年のカーオブザイヤー受賞が、フォルクスワーゲンのゴルフ
と発表されたことは記憶に新しいですね。

これは輸入車が市場に受け入れられたということでもあります。

ファミリーカーの充実や、ミニバンから小型車への買い替え需要が
今後ますます増えてくることを考えると、輸入車の好調は当分続くと思われます




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ