初心者向けのサーフボードの選び方は?

「今年こそはサーフィンを始めたい!」
と考えている方も多いのではないでしょうか。

波乗りは季節を問わず楽しめるアウトドアスポーツです。

サーフィンにはさまざまな道具が必要となりますが
中でも必須アイテムと言えるのが「サーフボード」です。

サーフボードの種類を簡単にまとめながら
初心者向けのサーフボード選びについて考えていきたいと思います。

Sponsored Links

ルールを守ってサーフィンを楽しもう!

「サーフィン」とは、「波乗り」とも呼ばれるウォータースポーツの1つであり
サーフボードの上に立ち、波が形作る斜面を滑走します。

まずは、サーフィンの基本ルールについてまとめていきたいと思います。

1つめは、「ワンマンワンウェイブ」と呼ばれるもので
1本の波には基本的に1人しか乗ってはいけないというものです。

2つめは、「前乗り禁止」というもの。
これは、すでに波に乗っている人がいるのにもかかわらず
その人のポジションを取ってしまうというもので、タブーとされています。

3つめは、「集団入水禁止」。
サーフィンをする場所は狭く小さい場合が多いので
大人数で入水するのはルール違反です。

そして最後は「来たときよりも綺麗にして帰る」ということ。
ごみを捨てるのはもちろんNGですし
砂浜が汚れていたら掃除しておきましょう。



surf



サーフボードは長さによって3つに分類される

続いては、サーフィンをする上で欠かせない
サーフボードの選び方についてご紹介します。

まずは、3種類あるサーフボードについて
特徴などをまとめていきます。

サーフボードは長さによって分類することが可能であり
短い順に「ショートボード」「ファンボード」「ロングボード」となります。

surfboads

それぞれの特徴を簡単にまとめます。

 ○・ショートボード(~200cm)
  激しいアクションが楽しめるタイプですが
  体力が必要であり、初心者には不向きです。

  また、ボード自体に浮力がないため
  体重が重い場合は乗れないこともあります。

 ○・ファンボード(200cm~270cm)
  ショートとロングの中間の動きをするのが特徴です。

  初心者でも乗りやすいですが、大会などでは
  ファンボードで出場できるクラスがない場合が多いので
  注意が必要となります。

 ○・ロングボード(270cm~)
  ゆったりとした動きが特徴で、初心者でも乗りやすいです。

  しかし、ボード自体が大きくて重いため、車に入らなかったり
  置き場所がなかったり、持ち運びが大変だったりなどの欠点があります。

  また、場所によってはロングボードが禁止の場合もあります。


それぞれのボードにメリットやデメリットがありますが
初心者の場合はロングボードがオススメです。





初心者はまず中古のサーフボードを購入しよう!

最後に、サーフボードの購入方法についてご紹介したいと思います。

サーフボードはサーフィンショップやスポーツショップ
通販やオークションなどで購入することができます。

サーフボードはすぐに壊れるもの」ということを
念頭に置いておきましょう。

ましてや、初心者ならなおさらサーフボードを壊しやすいです。
したがって、最初は中古を買っておいたほうが無難です。

サーフボードを購入する際は経験者のアドバイスを聞いたり
店員と相談したりする
と良いでしょう。

さて、サーフボードは長さと幅、厚みの3種類で機能が決まります。

長さと幅があれば安定しますし、厚みがあれば浮力が増します。

基本的に、ロングボードやファンボードの場合は
こういったことをあまり考慮する必要はありません。

しかし、ショートボードの場合は
身長や体重などを考慮しながら選ぶ必要が出てきます。

今年こそサーフィンを始めてみたいという方は
経験者の人のアドバイスに耳を傾けつつ、道具をそろえてみてくださいね!





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ